にゅーし?!



DELL子を待っている間に、
ちょっとびっくりなこともありました。

こんな封筒が届きまして。
P1110999.JPG
赤いハンコで、「著作物使用許諾願在中」と。


妙にぴちっとお手手をそろえて熟睡する灰色しましま
P1110998.JPG
――を、どけて封を切ってみると、
なんと、拙著『日本人の日本語知らず。』の一文を、
某大学が今年度の入学試験問題に使用したというのでした。

話には聞いていましたが、入学試験に利用する分には
事前に著者の許諾は要らないんだそうで、完全に事後通告。

同封されていた問題文を見てみますと、
使用されたのは、13章の冒頭2ページ分。
動詞「行く/来る」の使い分けのしくみを解説した部分で、
うむ、悪くないチョイスだね、と思うんですが、
でも穴埋め問題なんですよ。
その穴のボリュームが全体の半分(!)を占めてるんですよ。

選択肢にいきなり織姫やら彦星やらが出てくる展開に、
受験生は大いに戸惑ったのではなかろうかと心配です。

とはいえ、大学入試は、受験生の将来を決める局面で実施されるもの。
そこに私なんぞの文が利用されたというのは、光栄であります。

*

戻ってきたDELL子のわきで、
ウリすけに「入試に著作を使われる文豪」風のポーズを依頼してみた。


ふふん。
P1110990.JPG
あら、なかなか賢げに見えるでないの。


あ、スズメしゃん♪
P1110991.JPG
なっ、何、その、むちむち具合は!



まあ、そんなわけですんで、ひっさしぶりに本の宣伝。

ニャンタのおばが書きました。



あー。
こないだまで1,050円だったのに。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

コメント

おめでとうございます♪
事後報告といことを知りました\(◎o◎)/!

  • 七海
  • 2014/07/11 12:10

素晴らしい! おめでとうございます!!
ウリたん..キリリっとカッコ良いですぞ。

おめでとうございます!
日本語は大事、若者がいきいきとユーモアに富んだ日本語を使いこなしてくれるといいなと思います。


  • おっチョコ
  • 2014/07/12 00:12


◆みなさま、コメントをありがとうございます。
◇七海さん
 ありがとうございます。
 実施前に試験問題が漏れてはコトですから、
 当たり前といえば当たり前なんでしょうけれどもね。
 みなさま、七海さんはたとえばこんなことをしていらっしゃる方です。
 http://ameblo.jp/773int/entry-11733495524.html
 会津木綿、すてきすてき〜。

◇lambidumidiさん
 ありがとうございます。
 「きりっ」の中身は「かめらあっちいけにゃ。」ですな、きっと。

◇おっチョコさん
 ありがとうございます。
 「生き生き」と「ユーモア」、大切ですよね!
 「正しい日本語ってぇえのはさ...」より、ずっと!

  • ニャンタのおば
  • 2014/07/12 09:25

あー、そうか、もれたら困るから、事後承諾!
なるほど〜。
って感心したくらい受験から遠のいているなぁ。

「どこがどう使われたのか」これは著者としては、
どきどきちょっとわくわくでしょうね、きっと。
われらが誉れです。おめでとうございます!

某大学から生きのいい日本語使いが生まれますように。

清水先生
七海工房のご紹介をありがとうございます。
お返しブログ「入試問題と事後承諾」を近々UPさせていただきます。

  • 七海
  • 2014/07/12 11:11


◆さらなるコメントをありがとうございます。
◇こてちさん
 私も編集者Dさんに言われて、なぁ〜る!と納得したクチです。
 くすぐったくも、たのしい経験でした。
 『つぶやき猫』が英語の試験問題に出たりして♪
 もちろん、記述式です。
 「次の写真を見て、適切なセリフを考えなさい。」とかって♪

◇七海さん
 いえいえ、せっかくのコメントのお名前にリンクがなかったので、
 なんか知られないのももったいないなあ、と思いました。
 「お返し」、ありがたく頂戴いたします!

  • ニャンタのおば
  • 2014/07/13 15:42

おめでとうございます。
”猫ネコ英語”でしか存知あげませんが、
うれしいことです。
試験が身近に思えるかもしれませんね。
私も試験を受けてみたい気分です。

  • きゃろりん
  • 2014/07/14 07:59


◆きゃろりんさん、コメントをありがとうございます。
 そして、お祝いも、ありがとうございます。
 ぐふぐふと誇らしいような気持ちになっていたのですが、
 やはりこれはメデタイことだと認識していいのですね。

 「国語」としてではなく、「日本語」として見ると、
 われらが母語は、なかなかにおもしろい言語ですのよ。
 機会(?)がありましたら、ぜひ受験なさってくださいませ!
 お引き合わせくださった『猫ネコ英語』に感謝。

  • ニャンタのおば
  • 2014/07/14 09:04