長老家電受難の記

★文型【...にもかかわらず、...】



けっ。



いかにも悪相の、この灰色しましま。
こやつが、長老家電のパン焼き器に重傷を負わせました。⇒☆
以下、そのてんまつを。




なーんてね。
下手ニャンはウリですけれども、動機も犯意もありゃしません。
はい、もとはといえば、おばが、悪い。

その日、冷凍庫の奥から夏の初めに採った青山椒の実が発掘されまして。
手ごろなジャコもあったもんですから、チリメン山椒の作成を思い立った。
「じゃこ〜、じゃこ〜♪」とワッショイ状態の猫を足であしらいつつ、
われながら上手にできたわい、と鼻歌まじりに完成品を容器に詰め、
粗熱が取れるまでと、ふたを開けたまま、
カウンターのパン焼き器の横に置いたのでございます。

そこはいまだかつてウリすけが上がったことのない場所でした。
ウリ猫のお膳のすぐ上、らくに飛び上れる高さのカウンターです。
おばの腰の高さほどのカウンターです。
考えてみれば不思議なことですが、
ほんとうに、それまでただの一度も、上がったことがなかった。

だから深く考えもせず、そこに置いて、台所を離れたのでした。
ウリ猫も「ちぇ。」みたいな顔であきらめた、ように見えたのです。

......30分ほどたったころでしょうか。



ドンガラガッシャ〜ン!



現場には、パン焼き器があり得ない角度にひん曲がって転がり、
周囲にはジャコが散乱。
猫の姿は、どこにも見えません。
大音響におどろいて、どこかの隅っこで固まっているに違いない。

さてさて、気を落ちつけて、現場検証。
ウリは、やはりカウンターに上がったのではないらしい。
どうやらロフトのタンスの上から、飛び降りたらしい。
落差は、2メートルほどもあります。
それを、非常に浅い角度で、タッパーのジャコめがけて飛び降り、
その落下曲線の途中にあったパン焼き器を巻き込んだものと思われる。

もう一度言います。
ジャコを乗せていたカウンターは、高さ1メートルもありません。
おばは思いましたね。


なぜ、飛び上らない?




でも、ま、よかったです。
助かるまいと思ったパン焼き器は復活したし、
ウリ猫にもケガはなかった。
割れなかったiwakiのガラス容器もえらいぞ。
そして、何より、
塩気たっぷりのジャコが容疑者の口に入ることもなかった!

めでたし、めでたし。
 
*

ご飯はお鍋でも簡単に炊けるけど(そしてその方がおいしいけど)、
パンを焼くのは、わたしにとっては一大難事業。
しかし近所には、焼き立てパンを売っているようなお店がない。
そんなわけで、炊飯器もないくせに、パン焼き器があるのです。

この記事を書くために、いつ買ったんだっけ?と
保証書のファイルを引っくり返してさがしたら、
「お買い上げ=7年9月」と書かれたのが出てきました。
どう考えても2007年ではありません。
何しろ、「ナショナル製」です。
「7年」とは、平成7年です。
すごいなあ。


とびあがってれば よかったにょか......
P1130413.JPG


あっかる〜いナッショナ〜ル♪
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ


==加筆訂正==
前回の記事にいただいたコメントで、ふと思いついて調べたところ、
わが家の最長老家電は、パン焼き器ではなくテレビだったことが判明!
何にしても、どっちもえらいです。
ワタシもあちこちガタが来てるけど、がんばらねば。

コメント

ウリたん、大変よくできました。
跳び上がったら、その上に何があるか分からないもの、
目視して存在を確かめてからのダイブが正解だわよ。
結果は別として。

  • 藏ゆ
  • 2014/09/24 08:40

事故の顛末をはらはらどきどきしながら読みました。
ウリたん、着地に失敗したのですね。怪我がなくてよかった。
パン焼き機もまだまだ頑張れそうだし。
この荒熱をとるという作業、猫飼いにとってはなかなか気が抜けないものですね。
そういえば以前、炊飯器のうえに鎮座する猫の写真をみたことがあります。 保温状態でちょうどいい温度だったんだろうな。

  • おっチョコ
  • 2014/09/24 10:03

約1mを落下してこの程度のおけがですんだ
パン焼き器はとても頑丈なかたですね。
長老はお丈夫でなにより!

おっチョコさんもおっしゃるように、
猫飼いにとってあら熱をとるのはむずかしいこと多し。
うちは大きめのザルにヒモをつけた物を用意してあります。
(昔の八百屋さんのきゃしゅれじすたーみたいなもの?!)
それを猫が届かないところに吊します。やれやれ。

ウリさん、おっきな音にびっくりだよねぇ。

ウリさん、無事でよかった。
パン焼き器、軽傷?でよかった。

そう、猫は悪くない。
そこに置いておいたヒトが悪いんです(笑)

※赤い首輪の猫さん、届きました!ありがとうございます♪

  • A
  • 2014/09/24 16:25

長老パン焼き機さん よかったですね。
以前の家電は 丈夫で単純 その機能のプロでした。
あれこれ中途半端な機能はなしで 重宝。
がんばってくださいね 長老。
ウリちゃん おどろき・桃の木・山椒の木でしたね。
チリメン山椒 ちょっと残念。
美味しいですものね。
でも 一件落着。
終わりよければすべて良しということに。

  • きゃろりん
  • 2014/09/24 17:18

なんで、なんで? なんでウリたん飛び上がらないの?カウンターの上が下から見えない不安があるの?
「おっと!イテテテテ。」のレロレロだったのかな。

ウリさんにケガが無くて本当に良かったです!
ちりめん山椒好物なので、外野が悔しがっております。
古いナショナル製品は丈夫なんでしょうか?
うちでも`83年(昭和58年)製の掃除機が未だ現役です。
オン・オフのスイッチしか無いので、今の掃除機を使おうとすると
戸惑ってしまい、恥ずかしいです...。

  • 惠漣
  • 2014/09/24 20:52

○ ウリちゃんもパン焼き器も無事で何よりです。
奇跡的な強さと言えば、
1 雲仙岳の火砕流に巻き込まれてもフィルムを守ったCanon
2 津波に1軒だけ流されなかった一条工務店の家
3 ガラスの容器なのに、1mからの落下でも割れなかったiwaki
伝説の家電や調理器具ががんばるおうちなのですねー。
           <ののちゃんより>


◆みなさま、高山からこんにちは。
 山都は台風一過の上天気、チリチリ焦げるような陽ざしです。
 極悪猫ウリに、お心優しいコメントをありがとうございました。

◇藏ゆさん
 見てから飛べ。
 たしかに、一般論としてはとても正しい猫の道だと思います。
 しかしですね、見えてるんですよ。
 いつもロフトから下りるときに経由する流し台から、丸見えなのです。
 くだんのカウンターとその流し台は、
 わずか数十センチを隔てて向かい合っております。
 ウリすけの考えることは、よくわかりません。

◇おっチョコさん
 私も現場検証より何より、まずはしましまを探しました。
 階下のクローゼットの奥で、真ん丸な目をして固まってました。
 「猫持ち家庭用、粗熱取り器」が開発されたら売れるかも?

◇こてちさん
 あの真っ白なおしゃれ空間に、ザルが空中浮揚......
 ええ、悪くない光景ですね。
 粗熱取り問題が、普遍性を持つことがわかって、心強いです。
 これまで上がらなかったのが不思議だったカウンターは、
 この一件で、ウリには完全に恐怖空間になったと思います。
 だからって、またここに魚系のものを置くのは、さすがにためらわれる。
 うむ、わが家も、ザルの導入を考えましょう。

◇Aさん
 そう、悪いのは、いつだって、ヒト!
 そしてパン焼き器不死身伝説が生まれました。
 お知らせ、ありがとうございます。
 点字猫マグネット、新天地で元気に貼りつきますように。

◇きゃろりんさん
 そうそう、終わりよければすべてオッケー。
 ウリが肝っ玉の据わった猫だったら、
しょっぱいちりめん山椒をたんまりお腹に入れてしまっていたかも。
 それがなかっただけでも、万々歳です。
 でもとてもおいしくできてたので、かなり残念ではありました。

◇lambidumidiさん
 蔵ゆさんのご明察通りだったのだろうと思います。
 上のようすが見えなくて、飛ぶ前に首を伸ばしてウロウロする猫。
 猫あるあるかわいいポーズの、ベストテンに入るかと思います♪

◇惠漣さん
 昭和の掃除機!
 そりゃまた、じっつに、すばらしい。
 平成小僧のパン焼き器に長老を名乗らせるわけにはいきませんね。
 末永く、ご活躍くださいませ!

◇kitcatさん
 何やらたいへんドラマチックなツワモノたち、
 そんな面々と並べていただき、恐縮でありますが、
 そうです、iwakiのガラスも、ほめてやらんといかんですね。
 パイレックスは、たいていプラスチックのふたがダメになります。
 とほほです。

  • ニャンタのおば
  • 2014/09/26 15:25