読書のすゝめ

★日本語【〜べし。】




諸君、

P1140080.JPG


え、なに、どうした、ウリ
キャラ、変えたの?




本を読むべし。

P1140084.JPG




そこの猫も、読みたまえ。

P1140085.JPG





何言ってんのよ。

ひらがなも読めないくせに。


PC020072.JPG




う......

P1140089.JPG


字は読めないけど、読解力はあるよね、猫。
  にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
 
※「〜べし。」の解説と、おまけの二重アゴに続く(↓)。
***

〜べし。の解説】
 「〜」には、動詞の辞書形(=終止形)が入ります。
 動詞「する」だけは特別に、「するべし」と「べし」の両形があります。
 意味は、「(〜し)なければならない。」と同じですが、
 個人的なこと、その場限りのことには、使いません。
 普遍性のある一般的なこと、社会的に当然のことに使います。

   ・今日は帰りが遅くなるから、
    猫らには、晩ごはんの分も置いていかなければならない。
    (?置いていくべし。)

   ・猫でも犬でも、いっしょに暮らすと決めた以上は、
    多少の不便は覚悟しておかなければならない。
    (○覚悟すべし。

 ただし、「〜べし。」の形にはかなり古めかしい大げさな響きがあり、
 現代語では、「〜べきである。」の形のほうが、よく使われます。
 もちろん、古めかしくて大げさな響きがほしいときは、
 現代語の文脈でも、使ってかまいません。

    ・打つべし!
 
 追加の例文。

    ・猫に呼ばれたら、せめて返事だけはすべし。
    ・再度呼ばれたら、何をしていても駆けつけるべし。
 
 ――というのは、まあ、半分冗談にしても(あくまで半分)、
 つぎのは、まじめな例文。

    ・面倒を見ると決めたら、最後まで見るべし。

 
東京五輪までには、何とか!



それにしても、
こうして下から見ると、
その.....、

P1140087.JPG


そのアゴの下のもふもふが気になるんだが......

P1140086.JPG

もっふもふ〜

日本語教育ランキング  人気ブログランキングへ
 
コメント

あっら〜、ワタシなんて下から撮られたら
ハラで顔が見えなくてよ〜。
ウリさんの豊もふは、まだまだ成長なさらねば〜♪

  • 藏ゆ
  • 2016/02/01 08:51

あ゛ー、活字中毒だというのに、もうつくづく目がね……。
ウリさんのすっきりぴかぴか澄んだお目々がうらやましいですよ。
え?
グリコさん、なんですって?
心の目で見るべし?
う゛ーーー、こっちも曇りがちで……。

ウリちゃんのもふもふ・・・(´▽`)ノ
触りたいです!!
遠近感でお手てが大きいうりちゃん『諸君!』が似合ってます♪
それにしても,凄いすごぉ〜い本の量ですね(+_+)
私の部屋も本(ほぼ小説で文庫です ^^;)もいっぱいで
重さが心配になりますが(下の階で両親が寝ているので;)
何冊くらいあるのですか?

  • ж∫цж
  • 2016/02/01 14:06


◆コメントをありがとうございました。
◇藏ゆさん
 あはは。
 そこまでカメラを下におろすのはやめませんか。やめましょう。
 ニンゲンは冬毛のせいにできないのが、ツライとこですわねえ。

◇こてちさん
 ほんとうに、猫の目って、どうしてこんなにきれいなのでしょう。
 どんなにケシカランことをたくらんでいるときでも、
 どんな悪事をはたらいた後でも、澄み切って、キラッキラ!

◇ж∫цжさん
 いえ、実際、ウリは体格のわりに手足が大きめだと思います。
 ふっくらしたお饅頭型で、握り甲斐がありますよ。
 グリコは反対に手足が華奢で、豊満ボデーとの落差が、その......

 この書棚は、壁の厚みを利用したものでして、文庫と新書専用です。
 サイズがそろっていると、なかなかカッコよく見えますですね。

  • ニャンタのおば
  • 2016/02/02 13:52