こっち来る猫




うちの黒っぽい婆さま猫のグリコは、
ちょいとキビシイ顔だちゆえに、
姐さんだとか、
マダムだとか呼ばれていますが、
その内実は、
ベッタベタの甘えたさん。


優雅に寝そべってるとこを撮りたい。
そう思っても、
カメラを持った人がしゃがんだら、
もうダメです。


ぐゎばっと起き上がって――、


そこに座るわけ?

じゃあ、乗るわよ。

ひざ、乗るわよ!

乗りに行くから、待ってなさい!
 

P1320410.JPG
P1320411.JPG
P1320412.JPG
P1320413.JPG
P1320414.JPG

やれやれ......
 

 

 


 

何かに入ってるときは、
そのまま撮らせてくれることも

多いんですけどね。

P1320798.JPG

「自主ケージ」のブーム、

まだ続いています。

 


**



そうそう、
灰色しましまにも、
避難訓練ブーム到来!


ロフトに置いてあったワナにかかった灰色を
おじちゃんのスマホが激写!
(写真、おばに輪をかけて下手だわ。)


IMG_1994.JPG

ウリがこれに自分から入ったのは、
このとき(⇒☆)以来ではなかろうか。

 


うわ、2013年の9月ですよ。
なんと、5年ぶり?
まる5年も放っておかれたの?
かわいそうなキャリー。


ドアストッパー役のぬいぐるみが

笑ってる。

 

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

 

 

見せびらかす



うれしいものをいただきました。
みなさまにもお裾分け、
――は、できないので、
見せびらかす!

 

P1320808.JPG

灰色しましまのおつむの後ろに、
灰色しましまの絵。




そうです。
これは、アレです。
あのときの、あの絵なのです。
☆ニャンタの写真の絵!

P1320819.JPG





『薪ストーブライフ』(沐日社)という雑誌に
猫と薪ストーブと日本語の3題噺を書いています。
その連載開始、第1回目のときの表紙絵です。

P1320815.JPG

ストーブは、大人の事情で、
わが家のとはちがう機種ですが、
背中を見せている灰色猫は、
うちのだいじな灰色しましまがモデル。

棚にある ニャンタの写真まで

きっちり描かれています。


作者は知らない人だとばかり思っていたら、
じつは何度も薪狩りでご一緒している方でした。
で、「ほしーなー」とおねだりしたところ、
送ってくださったのであります。

P1320811.JPG

もうちょっといい場所に飾りたいところですが、
ほかに壁面がなくて、ここに。
ウリ猫食堂(暫定)の壁画になりました。

☆さまよえるウリ猫食堂
ストーブとの間、赤ポットの脇に、
ニャンタの写真があります♪


ウリ猫食堂の下では、

マダムが避難訓練続行中!

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ