猫な日本語

日本語ネイティブの知らない日本語のステキな秘密♪
猫まみれです、悪しからず。

☆・ 更新は、月・水・金・☆  
☆・ 日本語バナシは月曜日・☆ ←ぼちぼち再開!
         
想定外


だいじょうぶだと思ったのですけれども。

......。

ぜんぜん、だいじょぶじゃありませんでした。

いや、わたくしのムネ風邪の話。



P1160420.JPG
しゅっぱつの朝。朝日の中のイッコあたま。

P1150654.JPG
前の晩の、ニコあたま。



ムネがスカスカして、
目も鼻も真っ赤です。
何飲めば治りますか?
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ



※読んでほしいような、ほしくないような、みっともないグチ。(↓)
続きを読む >>
| イッコとニコ | 09:20 | comments(8) | - |
しゅっぱつ!

ひっこしには、ウリねえたんのキャリーを借りました。
2か月半慣れ親しんだ、ニャンタ遺愛のフリースを入れてやったら、
わやわやと、自分たちから進んで入りました。

だよね。
キャリーには何の悪い記憶もないもんな。
病院に連れて行ったときは、ちっぽけな紙の箱だったもんな。

ちっぽけな箱に白餅2個詰めて、片手のひらで楽々運べたのだった。

今、もちあげるキャリーは、みっちり、ずっしり、重い。


外は、抜けるような青空。
P1160479.JPG


さあ、行くよ。


* * *


お母さんは、ふたりのための特別室を用意してくださっていました。
新しいベッド、シェルターにもなる新しいキャリー、
りっぱな新品トイレが2つ、豪華なキャットタワー、
そして、愛らしい食器がふたそろい。
部屋の真ん中には、「運動会」用のふかふか敷布団まで。
至れり尽くせりです。

この「一胡二胡部屋」は、留守番のときのためにご用意くださったもの。
なにしろお母しゃんは動物のお医者さんです。
お仕事のあいだは、ふたりでお留守番なのです。

ひとしきり、(おもにイッコによる)チェックがすむと、
おとなりの居間に移動。

ここでも、イッコは持ち前の好奇心全開で、さっそくあちこちを探検。
P1160660.JPG
おお、さすがのご本、『獣医学辞典』。

お母ちゃんのベッドにも、ためらいなく探索のアシをのばす。
よいせっ、と。
P1160724.JPG
(ああっ! カメラがボロイ!)


そして、
P1160729.JPG
「ここ あたちの べっどに けってい。」


ご飯の袋も見つけました。
「ししょくしましゅ。」
P1160669.JPG
(首輪がゆるゆるですが、ちゃんとお母さんの目が届くときだけの着用です。)

と、イッコはやる気満々なのですが、どうもニコの表情が、硬い。
試食のときも、軽く口をつけただけで、なんとイッコが2つのお皿を完食。
いつものニコなら、イッコのお皿に手を突っ込んで妨害するほどなのに。
案外、繊細な子なのかもしれません。

エンゲル係数押し上げ白餅が、こんな風。
P1160721.JPG
「しらないおへやだしらないおへやだしらないおへ......」


でも、だいじょうぶ。
きっと、すぐに、だいじょうぶ。

キミの頭をくんくんして、「ああ、いいにおい♪」って、
うっとりほほえむ人がお母ちゃんになるんだもの。
P1160569.JPG

イッコは、もう、こんなよ。

「ふんふんふん♪」


* * *

乳母はちゃんとごほうびをもらいました。
お部屋探検のあいだも、ずっと乳母の膝をベースキャンプにしてくれたこと。
硬い表情のニコも、抱けば、すぐにいつものゴーロゴロを聞かせてくれたこと。
さいごにお別れの「おむすび」をしたとき、イッコものどを鳴らしてくれたこと。

ふたりに「花丸」をもらって、乳母はしあわせでした。
明日には忘れられてても、しあわせです。


* * *

「帰りの運転、だいじょうぶですか?」と、乳母を気遣ってくださった里親さんは、
夕方までにメールで様子を知らせてくださいました。

>やはり二胡は一胡のごはんを食べたがります。

あっはっは♪

そして――

>一胡はさすが、常に上を目指しているようです(゜◇゜)
DSC_0156.JPG
いけいけ、イッコ♪
(ごめんなさい、乳母の中ではカタカナ名前が定着しておりまして。)

* * *

イッコニコ母さん、あなたのようなお方の手にふたりを託すことができて、
ほんとうに、よかったです。
ありがとうございます。

猫神さまも、ありがとうございました。
――ムリ!新学期直前なんて、ぜったいムリ!
――ムリ!こんなちっちゃいの、ぜったいムリ!
って思ったけど、過ぎてみれば、(そんなには)ムリじゃありませんでした。
ギリギリいけるぢゃろ、って見込んでくださったんですね。
どうにか無事にここまで育てることができました。
つまり全然ムリじゃなかったし、とってもたのしかったです。
そして、こんなにすばらしいお母さんを、用意してくださいました。
だから、ありがとうございました。
(でも、つぎは、どうかカンベンしてください。
 心のちっさい私には、やっぱり別れがつらすぎます。)

最後になりましたが、
応援してくださった読者のみなさま、
ほんとうにありがとうございました。


いろいろガマンしてくれた
ウリグリコにも、
ありがとう!
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
本が命の人間なのに、
本をわやくちゃにされても笑ってた、
オットよ、ありがとう!
おたがい、早く空の巣に慣れよう、な。


| イッコとニコ | 09:27 | comments(11) | - |
カウントダウン

イッコニコの里親さんが、会いにいらっしゃいました。
「禁断症状」に耐えかねての再訪。

(ほんっと、すみません、こんな写真しか撮れなくて。)

ニコ、さすがに二度目の「ぷしゃー!」はありませんでしたが、
この日は、(めずらしく、)どことなく緊張気味。
ニコがネコかぶってどうする。
イッコはきゃぴきゃぴと、遊んでもらっていました。


イッコニコ部屋は着々と設備が整っているそうです。
ベッドもトイレも準備オッケー、キャットタワーも購入済み、
脱走防止策もあれこれ考えてくださっています。

この脱走防止は、わたくしからヒツコクお願いしたことでして。
何しろニコがですね、思慮も分別もゼロなのです。
戸を開けるやいなや、わきゃ〜〜♪と駆け出してくるのです。
もしそれが玄関で、玄関の外は高層階の外廊下だったりしたら、......!
ええ、イッコは、たぶん、だいじょうぶ。
新世界の入り口ではちゃんと立ち止まります。
(立ち止まったあとで駆け出しますけど!)


とにかく、そんなこんなで、準備は着々。
ちゃくちゃくちくたく時計は進み、
13日に輿入れです。



乳母は、なんだか、
ムネがクルシイ。
 もしかして、にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ あ、食べすぎ?




※今朝は記事を更新しようとしてもなぜかできず、えぇえ?
 と、思っていたら、メールもできない。
 さては、と気づいてルーターを見たら、コネクターが浮いていました。
 ルーター周りで駆けっこをしていた白餅のどっちかが犯人です。
 きゃつらが輿入れしたら、こういう事故はなくなると思うと、
 ええ、ウレシイです!

| イッコとニコ | 11:38 | comments(6) | - |
しゃとおやしゃん

イッコとニコの里親さんになる方が、遊びに来てくださいました。
病院で見初められてから、ほぼひと月ぶりの再会です。


しゃとおやしゃんに抱かれて、ドッキドキの、ニコ。
P1140720.JPG



* * *

乳母は、おどろきました。
イッコとニコが、ちゃんと、「人見知り」をしたのです。

里親さんに手をさしのべられたとき、
なんと、「フシャー」って、噴いたんです。

ですが、ご安心あれ。
もうね、ソッコーで、「おかあしゃん」の手に、陥落いたしました。

とろける笑顔。温かな目。確かな手。
イッコとニコに、最高のお母さんが、できました。
猫神さま、ありがとうございます。

ほんとうに、
ありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

※以下、時間を追って、その陥落ぶりをお見せいたしましょう。(↓)
続きを読む >>
| イッコとニコ | 08:19 | comments(10) | - |
玉の輿


「カワイイ」が板についてきた、ニコ。
P1120956.JPG


あいかわらずカリカリをお皿のふちに追いつめては逃げられていますが、
猫の本分たる「カワイイ」に関しては、ひとまず合格かと。
ニコがこれですから、イッコのほうは、グッド・コニャンコ賞確実です。

ふたりとも、もうどこに出してもりっぱに「子猫」で通用するでしょう。
ハツカネズミ疑惑は、完全に払拭されました。

そして、

このたび、

そんなふたりに、すばらしい幸運が舞い込みました!



里親さん決定
です!


P1130060.JPG
「しゃとおやしゃん?」


そうですよ。
それも、この上なくすばらしい方からプロポーズをいただいたのですよ。
手を挙げてくださったのは、なんと、






獣医さん





新学期は始まるは、離乳はうまくいかないは、お腹がゆるくてまみれるは、で、
にっちもさっちも行かなくなり、2泊2日、病院に預けたお話はしたかと思います。
そのときに、見初められたのです。
この春からその病院に勤め始めたばかりの、新人獣医さんに!

ストリート出身のちび猫にとって、これ以上の玉の輿があるでしょうか。
いんや、ない!

* * *

正直な話、ネットで里親探しをする難しさを考えますと、
それに、日々かわいくなっていく一方のイッコニコを見ておりますと、
つい、このままうちの子に♪という誘惑にも駆られておりました。

しかし、わが家に次に迎えるべきは、順番として、庭猫のグリコです。
極寒酷暑にも元気なグリコですが、彼女とていつ体調をくずすかしれません。
そんなとき、家に入れてやれるだけの余地と余力を、残しておきたい。

だいいち、イッコニコは今年の秋に生まれたばかり。
順調ならこの先20年だって生きるでしょう。
飼い主になるべき人は、人生の折り返し点をとうに過ぎた私たちなどより、
もっとずっと若い人のほうがいいに決まっています。

それに、今イッコニコを手放しておけば、
もしまた猫神さまにご下命を受けるようなことがあったとき、
何とかお受けすることができるでしょう。
あるいはもっと年をとってから、また猫を迎えたい心境と環境になったときは、
行き場のないオトナ猫を引き受けることができるでしょう。
つまり、救える猫の「総数」が増えることになります。

しかも、先さまは、血液検査の結果を待たなくてよいと言ってくださいました。
それはつまり、イッコニコを「まるごと」引き受けてくださるということです。
道に捨てられているのを見たら、私がしたと同じように拾う、ということです。
そういう方なら、だいじょうぶ。
そういう方となら、イッコニコはまちがいなく幸せになれるでしょう。

もらっていただくことに、決めました。

* * *

そして、名前も、イッコ(一胡)とニコ(ニ胡)を、
そのまま、もらってくださることになりました。
とてもかわいくて似合っていると言ってくださいました。
ひそかにとても気に入っている名でしたので、これも、うれしいことでした。

ただし、今は里親さんの(物理的な)受け入れ態勢が整わないため、
おひきわたしは、12月の中旬になります。

うひ♪
まだ1か月半ある♪

* * *

怒涛の授乳期も、修羅場のまみれ期も、過ぎてしまえば、わずかの間でした。
今は、すっかり手がかからなくなりました。
洗濯物はぐんと減り、乳母は晩酌をたのしみ、夜もぐっすり眠れております。
里親さんにお渡しするまでの、これからのひと月と半分は、
拾い主特権で、預かりっ子のカワイイを、ひたすらに満喫したいと思います。

読者の皆さまにも、その悪魔的カワイイをできるかぎりお裾分けする所存。
ただどうも、日に日に機動性を増す彼らに、カメラがついていけんのです。
ほとんどが「なにやら白いモノ」の写真になるかと思いますが、
どうぞおつきあいくださいませ。


イッコニコの行く末を案じてくださった皆さま、
引き受けてもよいと連絡をくださった方、
ありがとうございました。
イッコニコは、自分たちで玉の輿を引っ張ってきました。
これ以上望めないほどすばらしいお人の心を射止めてくれました。
彼らの甲斐性と幸運を、ともに喜んでいただければ幸いです。


**おまけ**


おばちゃん......
P1120871.JPG

このむこうに なんか います......
P1120873.JPG

そうなのよ、ごめんね、ウリ
何かいるのよ。
もうちょっと、この部屋に入るのは、しんぼうしてね。


戸の内側には、いっちょまえのチンピラ小娘。
P1120874.JPG
「ぷしゃ〜っ!」


めでたいめでたいめでたいたい。にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ



| イッコとニコ | 07:15 | comments(17) | - |
美少女路線異状あり

(写真は10月16日のもの。)


乳母の膝の上で、わちゃくちゃと戦っているうちに、
 P1120411.JPG

不覚にも、
P1120413.JPG

ねむくな、
P1120414.JPG

ってしまっ、
P1120418.JPG

った、イッコ。
P1120419.JPG



にくきう、撮り放題。
P1120429.JPG





「はっ!」
P1120434.JPG

「いけない! びしょうじょろせんで うってたんだわ、あたし。」
P1120435.JPG


ふっふっふ。
もう手遅れよ。

撮っちゃったもん、


美少女路線に乗りそこねたイッコの、


あっぷっぷ!



P1120425.JPG
爪がばっちいのは、離乳食をこねこねして食べたからです。



路線変更♪
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ


==本日のイッコニコ情報==
ニコは600グラムを突破!
イッコも550に迫っています。

ニコはものすご〜く食べることが好きなのに、食べる技術が追いつきません。
あいかわらずカリカリに吸いついては、不器用に丸呑みしています。
たいへんに時間がかかるのですが、ひじまでおさらにはまって、熱中します。

イッコのほうは、上の写真ではまだ「こねこね」していましたが、
今ではもう、カリカリのベテランの風格。
カリポリといい音を立てて、品よく、効率よく食べ、
さっさと水を飲み、さっさと遊びに向かいます。

「出す」ほうも、もうすっかり順調で、何かにまみれたりしません。
白くて、ふわふわで、ぬくぬくで、ほにゃほにゃで、いいにおいがします。

そしてふたりとも、どうやらニンゲンが大好きなようです。
放牧してやっても、ひとしきり駆け回ったあとは、
じきに人のそばにもどり、人体を遊園地にして、果てしなく遊びます。
オットはこれを「ガリバる」と呼び、時間のないときは早朝四時起きしてでも、
ちっちゃな白餅二つで床に釘付けにされて、ガリバーになっております。

こんなにたのしくて、こんなに可愛い生き物に育ってくれて、
乳母はうれしいです。
もうどこに出しても恥ずかしくないと思います。えっへん。

| イッコとニコ | 17:39 | comments(4) | - |
花のごとく

風が澄んで、光が透明になってきました。
シュウメイギク(秋明菊)がさかりです。
DSC00171.JPG

もうちょっとゴージャスに。
P1020830.JPG

ほかの花と合わせてみる。
※ホトトギス、ミズヒキ、サネカズラ
DSC00202.JPG

大好きな花です。
季節も季節、9月の終わりに拾った子猫たち、
今まさにこの花のようであるな、と思います。

P1110312.JPG
白くて、

P1110422.JPG
はかなげで、

P1110332.JPG
可憐で、

P1110684.JPG
愛くるしくて、





そして、





どこにでも
P1120679.JPG

のさばり、
P1120712.JPG

はびこり、
P1120546.JPG

たくましい!
P1120493.JPG


* * *

シュウメイギク、漢字の字面もうつくしいし、好きな花です。
実家の母から苗をもらってきた当初数年は、
消えてしまうのではないかとやきもきしました。

しかしいったん根を下ろすや、存外にたくましい植物なのでした。
ずんずん根を伸ばし、ほかの植物をけちらして、勢力拡大。
今では、わが家の小庭を制しております。

イッコニコに、よーく似てる、と思いますんです。



後半部分は、とくにイッコにそっくり。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
家を壊すな、家を!
 
| イッコとニコ | 02:22 | comments(3) | - |
イナバウアー

まったりニコの、膝上まったり研修は、つづく。(写真は10月13日撮影。)


5本指くつしたの次は、カメラのひもが、気になる。
(すみません、ピントを合わせる努力は、とうに放棄いたしました。)
P1120179.JPG

P1120178.JPG


P1120177.JPG
あ、足のあたりに、ハツカネズミの余韻。


でも着実に、猫化は進んでいます。
ピンクのお腹にはだいぶ毛が生えてきて、おへそがわかりにくくなったし、
しっぽにも、ちゃんとボワッとできるくらいの毛がそろいました。

でも、動体視力は、私のカメラのピント合わせなみに、おそまつ。
P1120126.JPG



その結果の、


イナバウアー(ミルクあごバージョン)。
P1120121.JPG

このままゆ〜っくり真うしろに倒れて、「きゃん」と言うのですよ。

きゃん♪



このごろ、みょーに一日がみじかい。
困る。
まったくもって、困る。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
 
| イッコとニコ | 09:25 | comments(2) | - |
初雁

イッコはやっぱり天才です!
昨夜、日付が変わるころ、カリカリをカリコリと食べました!!!



ピンボケですが、今朝の天才の、食後のお顔。

* * *

昨夜、寝る前の食事タイム、練り練りの離乳食のあと、
まだなんとなく物足りなさそうだったので、
ためしにカリカリをそのまま皿にいくつぶか乗せてみたところ――、

1つめ、なんとか口の中に取り入れることに成功し、どうやら丸のみ。
それで勢いがついて、2つめ、「かりっ」と音を立てて食べました!
そして3つめからは、もう何年もカリカリ食べてきたのよ的な動きに!!


同じく物足りなさそうなニコも、そばに寄ってきたのですが、
ニコは、あいかわらずの「ちゅばちゅば方式」なので、
乾燥したカリカリからは、何もおいしいものが出てこない。
そのままカリカリのお皿にもたれるようにして、舟をこぎだしました。
ニコは、やっぱり、ニコよのぅ。


でもそのあと、カリカリには水分補給よ、と皿に水を入れてやったところ、
こちらは、ニコが、いきなり上手に舌を使って飲んだではありませんか!

ニコも天才!

イッコは水になると、とたんに下手で、ちゅばちゅば、ぶほ、です。

* * *

これまで考えたこともありませんでしたが、口に食べ物を取り込む手段、
じつはいろいろあるんですね。
吸う、なめる、くわえる、かじる、そして、かむ。
赤ん坊猫は「吸う」のは上手だけど、あとの技術は、下手です。
日々研鑽をつまなければ、生きていけないのです。
大したもんだなあ。

遠い遠〜〜〜い昔、
ラムネのビンからラッパ飲みができなかった自分を思い出した。
ビンの口をまるっとくわえてしまって、呼吸困難になったよなあ。
水筒やら、缶やらから、上手に飲めるようになった私も、えらいよなあ。

* * *

イッコの、初「かりっ」の音は、感激でした。
多摩川の源流の最初の一滴がしたたるのを見たような感激でした。

で、イッコニコを拾ってからのアルコール断ち生活、3週間と1日、
22日目にして、ビール解禁。
昨夜は、深夜の育児室で、ひとり缶ビールを缶から(じょうずに)グビグビビ。


今朝はニコも、ひとつぶだけだけど、「かりっ」!
たぶんマグレだけど、「かりっ」!
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

| イッコとニコ | 12:02 | comments(3) | - |
研修中


まったりニコは、人の膝の上でまったり遊ぶのが好き。

くつしたの指と闘ったり、

(後方には、冒険を求めてうろつくイッコ)


闘ったり、
P1120216.JPG


闘ったり、
P1120215.JPG






「かわいい」の練習をしてみたり。
P1120219.JPG




ズルイよなあ、子猫って。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ


本日の朝ごはんで、イッコも500グラムに到達!
きのうから、哺乳瓶ナシの生活に入りました。

| イッコとニコ | 08:41 | comments(3) | - |
        
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
スタッフ紹介
清水由美(=ニャンタのおば)猫ヌキでは例文が作れない日本語教師。いまだニャンタに恋々。ウリが来てくれてよかった、この世に酒があってよかった、と思う日々。

ウリ=2008年初冬、八幡神社の境内で泣いていた女の子。猫とは思えないほど素直で気だてのいい灰色しましま。コムスメだと思ってたらもう8歳!
 
グリコ=2010年暮れ、ご近所の家を出されてわが家の庭猫に。黒地に金サビのおばちゃん。年齢不詳。クールな顔で、甘えるったら甘える。2014年冬、再び家猫に!

ニャンタ=18年近くをともに過ごした、猫度百パーセント、女王気質全開の三毛女史。ヒトの心をわしづかみにしたまま、2008年の梅雨空に、昇天。

☆ニャンタのおばの本☆

猫(や犬)と暮らしたくなったら!
いつでも里親募集中
☆RECOMMEND☆
RECENT COMMENT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
管理人へのご連絡は
nekona222-saycat■yahoo.co.jp へ。  (■ → @ )
モバイル
qrcode