イメージです。

 




きょうも暑くなりそうだな......。

P1280482.JPG



んん? 何だ、まだいたのか。

P1280483.JPG



何だって? しごとに行きたくないだと?

P1280484.JPG



エラそうな口をきくじゃねえか。

P1280485.JPG



こないだ言ったろ?

P1280486.JPG



幸せになりたけりゃ猫と暮らせって。

P1280487.JPG



まさか、ただで幸せになれるとは思っちゃいめえな。

P1280488.JPG




猫さまには、いろいろとカネがかかるんだよ。

P1280489.JPG



わかったら、とっと行ってこい。

P1280490.JPG

ひーん。

 
(ウリ猫のキャラを変えてみました〜。)

ブログランキング・にほんブログ村へ   

涼しげな瞳、と......

 




ウリ猫の目は、
かすかに緑がかった灰色。

P7250016.JPG

なかなか涼しげでしょう?




とくに、カメラを向けると
一段と冷ややかさを増すので、
この季節には、悪くない色合いです。

P7250014.JPG



ただ、
その下半身が、いささか......








P7250021.JPG



こんなのをまたいで出勤せにゃならぬオバに、
どうか、みなさま、同情してくださいっ!

P7250018.JPG


夏休みは、まだか!

ブログランキング・にほんブログ村へ   
 

読める猫から夏のお誘い



先ごろ、猫は字が読めるという話をいたしました。
コメント欄にも、賛成の声をお寄せいただきました。

 


そんな、読める猫、灰色しましまセンセイから、

読解クイズが出題されました。

どうぞ、挑戦してみてください。

 



......りた......れば......らし......なさい
 

P7170003.JPG



......になりたければ......暮らしなさい

P7170005.JPG



......せになりたければ......こと暮らしなさい

P7170002.JPG



幸せになりたければねこと暮らしなさい!

P7170004.JPG



わかりましたかにゃ?

P7180016.JPG

 

とっくに知ってました〜。

 



ねこ

 


さて、クイズの後は、こちらです。

 



夏用アームレストとして、
あいかわらず熱心に稼働中。
(要らん要らん!)

P7200052.JPG

マウスを押さえ込みつつ、何やらハガキを読んでおりますな。

 

 


花

薮内正幸美術館の後期展示が始まったそうです。

 

テーマは――

 

子どものときから天才的に動物画のうまかった「ヤブさん」ですが、
大阪の高校を出てすぐ上京してからの1年間、
毎日毎日、国立科学博物館の骨格標本の部屋に通い詰めて、
ひたすら、動物のホネを描いていたそうです。
 
だから、その絵は、生きて、動くことができる。
動物たちのからだがどんなふうに動くか、
写真なんかなくても、わかっちゃうんでしょうね。

正確に、しかも温かみをもって生き生きと描き出された
薮内正幸さんの動物たちの絵。
原画はまた一段と、ふぇ〜!ですよ。

夏休み、山梨白州方面にお出かけの際は、ぜひ!

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   

あごクイ

 

 



周回遅れの情報でしょうけれど、
壁ドンのつぎは、顎クイだそうですな。

ええ、女子が男子にされてみたいとかいう、
胸キュンな行為(ただしイケメン限定)、のお話。

オバチャンが猫を相手にやっていいものかどうか......

先日、ウリすけにやってみました。





あごを、ぐいっ

P7050029.JPG
(クイじゃなくて、グイっ!)





だって、

毎度毎度、


あんまりにも、



じゃまくさいから!

P7050028.JPG
こんなアームレストは要らん!





それにしても、暑いですね。
扇風機、大活躍です。

P1280442.JPG


ぶんぶんコワイ、と言ってたなさけない灰色しましまですが、
去年導入したDCモーターのこれとは、
なんとか共存できるようになりました。
音の大きいサーキュレーターは、人にもらわれてゆきました。)



がまんしてあげるです。

P1280446.JPG
すまんね。





ところで、最近の壁ドンは、
(女子が)(両手で)(男子の)胸倉をつかんで
ドンっと壁に押し付ける行為だそうですよ。
「てめぇ、どういうつもりだ、おい。」
というセリフを付けてもよいそうですよ。
留学生に教えてもらいました。
あたらしい日本語は、留学生に教わってる日本語教師です。

このむちゃくちゃな暑さは、一体どういうつもり?!
お日さまに壁ドン(新)したい気分ですが、
勝ち目はないので、やめておきます。

みなさま、
何とか頑張って乗り切りましょうね。
夏はまだ始まったばかり!

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   

正体不明




これは、何?

P1280250.JPG





空飛ぶ円盤に乗った猫。

P1280254.JPG



おばの山しごと用の帽子です。
洗って干して置いといたら、
猫に征服されました。

P1280265.JPG



離陸待ち。

P1280245.JPG



自分で操縦する気はないらしい。

P1280252.JPG


「転送」したら怒るんだ、きっと。
 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   

せくすぃー

 




布団を夏掛けに換えたのだけれど、
使っていた冬の布団を干せる日がなかなかなくて、
部屋のイスにかけたまま、何日もたっている。


片づかなくてうっとうしいことですが、猫は大歓迎。
「頭上をおおわれた状態」が大好きだもんね。


P1280347.JPG

 



妙にキメ顔。

P1280345.JPG

 

 


――が、

 

 


その顔と、下半身に、違和感あり。

P1280348.JPG

 

 

 

違和感、大あり。

P1280349.JPG
 

 

 

なにそれ。


P1280344.JPG

 

 


梅

 

今年はもう梅漬けは諦めようかと思っていたのですが、
七夕も過ぎるころに、きれいな梅を手に入れました。

P7040027.JPG

 



しかも、お安い。


P1280432.JPG

 

 


1キロ580円なり。


P7040024.JPG


よく熟れていたので、すぐに水が上がりました。
シソ、まだ売ってるかな。

 

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   

おばちゃんのせい。

 



夜の窓辺で、
灰色しましまが固まっている。

P7010063.JPG



何やら獲物を発見したらしい。

P7010066.JPG
背丈の3倍ほどのところに、緑色の生物。


にょっ!

P7010067.JPG



あーあ......

P7010068.JPG




いっちゃったです。

P7010069.JPG


えっ、おばのせいなの?
ほ、ほら、まだ右のほうにいるよ。
――と教えてやると、



すわっ。

P7010071.JPG



そしてまた、じー。

P7010072.JPG



そして、再びの、



にょ〜〜ん。

P7010073.JPG



商売人でんな。

P7010074.JPG
(飽きない、アキナイ、商い。)



さて、その緑色の生物は、こちらのお方。

P7010058.JPG

クビキリギリス(の越冬したやつ)で、合ってますか?
正解求む!
==7/13追記==
この上なく信頼できる筋のお方からお返事をいただきました。
少なくともクビキリギスではなく、
ハヤシノウマオイかハタケノウマオイの幼虫あたり
だそうです。
ありがとうございました!
==追記、以上==


麦わら帽子

さきごろ、あたらしい昆虫図鑑を買ったもんですから、
いそいそと調べてみたのですよ。

P7080035.JPG
この図鑑は、よく見かける虫を、よく見かけるポーズで、載せています。
でも「窓に止まったのを内側から見たとこ」は、なかった。残念。

ともあれ、この図鑑、おススメです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

くらべてわかる昆虫 識別ポイントで見分ける [ 永幡嘉之 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/7/9時点)

 

 

 

ド素人向けなのです。

よく似た虫を、分類に関係なく近くに並べて見せてくれているので、
素人が犯しがちな、ありえない取り違え事故が防げるんじゃないかと。

あと、「害虫と呼ばれる虫」という項目があるのですが、

このタイトルに、愛を感じます。
「と呼ばれる」というところに、愛がありますでしょ?

ニンゲンにとっては害虫かもしれなくても、
この世に存在してはいけない虫なんて、いないですもんね。
広く、長い目で見れば、全員、生態系を回しているメンバーですもんね。

それに、凡例とか前書きに当たる記事が、これまたたのしい。
読んで、たのしいのです。
「昆虫観察の知識・基本10」は、当たり前すぎて、役に立ちます。
いわく、昆虫は小さい。(だから見つかりにくい。)
昆虫は食べる。(だから、食べ痕が手掛かりになる。)
昆虫は逃げる。(だから、......)

私はこの「逃げる」に付けられた写真が、大いにツボでした。
「跳ねて逃げるアカハネバッタ」の逃げ姿ったら!

不思議の国のアリスの、白ウサギを思い出しちゃいました。
7ページです。

見て見て見て!って、言いたい。

 

 

夏休みのお供に、いかがですか?

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   

 

蛇足:ヒアリのあおりを食らって、

在来のアリが殺されまくっているんじゃないかと心配です。

 

猫は字が読める。

 

 




オットットの淹れるコーヒーは

いつも猛烈に濃い。
(毎月キロ単位で豆を消費するって、どうなの?)
だから、半分まで飲んだら、牛乳を足します。

 

 

読みかけのミニコミ誌を置いて、冷蔵庫に行き、

たっぷり牛乳を入れたマグカップを手に

もどってくると......
 

P1280198.JPG
 

まあね。

そうなりますわね。


 

 

しかし、偶然とは思えぬのが、

その記事の内容でございます。


P1280202.JPG

 




「のびのびと」、してます。
居る、と猫が決めた場所が、
猫の「居場所」。

P1280200.JPG

 

ええ、異存はござんせん。




 

 

また、別のある日。

 

P6190020.JPG


「お客第一」のサービスが転換点に来ているそうですよ。
「便利」を支えてきたのは、過酷労働だそうですよ。

 



そうですか。

そんなに過酷でしたか。

 

 

猫はカワイイがしごと。

年がら年中、休みなしにカワイイを極めるのは、

そりゃ、つかれることでしょうとも。
たまにはどうぞ、ゆっくり休んでくださいな。


P6190019.JPG

言われなくても、休む猫。


まじめな話、

宅配ドライバーのみなさま、
きちんと権利を行使なさってくださいね。



ふと見れば、ほっぺに例のアンテナヒゲ

P6190018.JPG

コメント欄にお寄せいただいたご教示によれば、
これは何かの通信を傍受しているのだそうですが、
翻訳機能も付いてるのかしらん?


ピピピ......





にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

 

びっくりにゃ。



一夜明けて......


びっくりしたです。

P1280242.JPG



でも、選ばれた都議のみなさん、
あなたがたを選んだのは、都民です。
議会を首長の御用機関にはしないでくださいね。


 


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ 肉球 


今週の日本語バナシは、1日前倒しして、
きのう日曜日にアップしました。
☆「大間違いだゼ!」

 

よみねこ、6月、サンショ味噌

 

 



この影は、だ〜れだ?
 

P5210005.JPG



こたえは、よみねこさん。

P5210006.JPG
この方がうちに来たときの話は、⇒☆こちら



春先までは、窓辺でひとり、

優雅にのんびり、読書三昧でした。

P5300017.JPG



――が、
おばがこの部屋でしごとをする季節になって、
日々、こんな目に遭っておいでです。

P1280317.JPG
暑苦しいって。



あ、ちなみに、
ウリ猫の例のアンテナヒゲは、今、こんな感じです。

P1280322.JPG
「マッチ棒のアタマ」が、ちょっとほどけてきました。

 


アジサイ

 

 

きのう6月29日は、先代猫ニャンタの命日でした。

去年の6月は妙に気持ちがつらくてなりませんでしたが、

今年の6月は、さらさらと過ぎてくれました。

グリコのお世話で気が逸れたのかもしれないし、

のほほんとしたウリ猫のおかげかもしれません。

 

ともあれ、ニャンタから派遣指令を受けた灰色しましまのウリは、

2008年の今ごろの季節に生まれていた計算です。

ということは、ええと、9歳?!

木枯らしの神社で泣いていた、あのコムスメが......

 

昨夜は恒例のお刺身祭りを挙行いたしました。

グリコも精力的にワシワシと食べてくれました。

これからも2匹といっしょに

ゆっくり歩いていきたいと思います。

 

 

さてそんな2017年6月も、もう終わり。

今年はまだ梅も漬けていないし、
季節のしごとがあれこれ先送りになっているのですが、
先日、ようやく山椒の実を摘みました。


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ   

 

※以下、画期的(だと思った)サンショ味噌の作り方につづきます(↓)。

続きを読む >>

夏の夜のお楽しみ♪



夏至のころとはいえ、梅雨空は暗くなるのが早い。

きょうも一日、

おばの机辺でさまざまなジャマお手伝いをした灰色しましまを、

暮れかけた庭から、大好きなあのひとが、訪ねてきてくれました。
 

 


や〜もたん♪
 

P1280303.JPG

 



ガラス越しでもウリ猫の熱い視線を感じたか、
うつくしい曲線美で体をひねったまま固まるヤモリさん。

P1280304.JPG

 



動きがないと、猫はすぐ飽きる。

P1280305.JPG

 



ほんもにょ?

P1280298.JPG



確かめてみる。



ぴ。

P1280299.JPG


今年も、ヤモたんファン倶楽部、活動開始です。

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ   

目盛り、増やしました。

 


 

 

猫の居場所で室温が測れる温度計、


グリコ式温度計によれば、


この日は6月上旬、平年並み。

P1280185.JPG

このほど、温度計の「目盛り」を1つ増設いたしました。
右端の、通院用(および緊急時避難用)キャリーバッグです。

これまで、マダムは先代のニャンタのキャリーを使っていました。

キャミィちゃんも入った、あの頑丈一点張りのキャリーですが、
あれはドアが前面にしかないため、
中で踏ん張る猫を診察台に取り出すのが、毎回たいへんでした。
で、上半分が簡単に取り外せるのを新規購入したのです。
 

 

もちろん灰色しましまウリ猫用のは、別にあります。
たまーに自主的に避難訓練をしています。(⇒☆

でも、仲の悪いふたりなので、共用はさせたくないし、

だいいち、ウリに似合う水色が、グリコには似合わない。

 


似合うかどうかは、大事ですもんね。

少しでも病院通いをたのしくしなくちゃ!(ニンゲン目線)

 

 

 

 


ねこ

何はさておき、あたらしいものを買ったときは、
先住猫にチェックしてもらうのが習わしです。


さあ、ウリ猫さん、どうぞ!

P1280157.JPG
P1280158.JPG
P1280159.JPG
P1280160.JPG
P1280161.JPG
P1280162.JPG
P1280163.JPG
P1280164.JPG
P1280165.JPG
P1280166.JPG
P1280167.JPG
P1280168.JPG
P1280169.JPG
P1280170.JPG
P1280171.JPG
P1280172.JPG
P1280174.JPG



あぶにゃい、あぶにゃい。
はいっちゃうとこだったです。


P1280173.JPG

 


入っちゃってもよかったのに......

頭を入れたとこで、急旋回して出てきました。

箱の「使用目的」を察知したんでしょうか。


 

 

 

積み上げたざぶとんの上で、気をしずめる。


P1280176.JPG
P1280179.JPG
P1280180.JPG
P1280182.JPG



ふー、あぶにゃかった。

P1280190.JPG

しっかし、丸い猫だな。
ほっぺたに埋もれて、鼻が見えんではないか。



とにかく、検品ごくろうさん。
ゆっくりお休み。

P1280197.JPG

ずり落ちなさんなよ。

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   

 


※マダムが通院?!とご心配くださったみなさまに、ご報告(↓)。

続きを読む >>

モジャモジャ二態




灰色しましまの左のほっぺに、妙なものを発見。

P5290007.JPG

 




うーん、見えますかしらん?

白い、小さな、ぽち。

P5290009.JPG



どうやらアンテナヒゲが、こじれて生えてきたようです。
 

P5290005.JPG

 

どうしてもターゲットに焦点が合わないのですが、

1本だけ、先っちょがマッチ棒の頭みたいに丸まっています。

触るとすごく気にするので、アンテナヒゲなんだと思います。
今後を見守りたいと思います。

 

 



さて、お待たせしました。
例のユリネあらため、ユリの球根、

みごとに花を咲かせました。
 

P6030038.JPG

 

 


やはり、コオニユリ(の園芸種)のようです。
本来なら、こんなふうにくるりと花びらが反り返るもの。

P6030041.JPG
 

 


だけど、このお方の場合は、とにかく花の数が多すぎるので、
みんながみんな反り返ろうとして、たいへんなことに。
 

 

 



もじゃもじゃら〜〜〜!


P6030039.JPG

収拾がつかない、とはこのこと。
小学1年生がクラスになじんできた頃合いの感じ?
花たちがてんでにわーわー騒いで、まあ、にぎやかなこと。
 

 

 

祭りだ、ワッショイ!

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ   

 

実りの初夏

 

 

 




天窓から光が降り注ぐ季節。
 

 

ウリ猫のお鼻は、ますますピカピカです。
 

 

 

P1280144.JPG


脇に干してあるのは、お茶です。

某所で草取りをしたとき、

ツツジの生け垣にまじってチャノキがあるのを見つけまして、
イタズラ心で先っぽをつまんできました。
 

 

ドクダミ茶と違って、ほんとうの、チャの茶です。

「製茶」、前から一度やってみたかったのダ。
蒸して、揉んで、干してみました。


P1280148.JPG


どういう加減か、灰色しましまのお気に召したようで、
そばを離れません。
ザルに手を突っ込んでカサカサいわせてみたり、
のしかかって昼寝していたりします。

だいぶウリ毛がブレンドされた気がする。
飲むのは、......諦めた方がいいかな。


花



庭のようすも、少しお見せしましょう。

ウグイスカグラが、つぎつぎに赤い実をつけています。

P5300015.JPG

花もかわいいけど(⇒☆)、実もかわいい。

 

 



かわいくて、食べちゃいたいほど♪

P1280139.JPG


そのへんに食べられるものが育っている、
というのは、たのしいものですね。



食べられるもの、といえば――

駅までの道の途中、例のホオノキの近くに、桑の木があります。
ごく小さなひょろひょろした木だったのですが、

木の生長というのは、倍々ゲームというか、ある年から急に加速しますね。
去年までは実を取るのがかわいそうなくらいだったのに、

今年は見上げる枝にびっしり実をつけて、通りがかる鳥たちをたのしませています。

 


ヒトの中にも知る人はいて、通りすがりにちょいと口に入れていきます。

もちろん、私も。
暗くなってからの帰宅時、街灯のぼんやりした光でも、

熟れて黒くなったのは何とか区別がつきます。

自転車を止めて、手を伸ばして、つまみます。

その辺のヤブから、タヌキが指をくわえて見てるかも。

たのしいです。
 

 


さて、庭に戻って――


例の復活したミニバラが、さらに3つ、つぼみをつけました。
えらい!

P5300016.JPG

これまでは、今ごろの季節にはチュウレンジハバチの子にたかられて、
とうに丸坊主になっていたのに、今年は、1匹もいません。
鉢に上げたことで、風通しがよくなったからでしょうか。
去年まではほかの草に埋もれて、息苦しい思いをさせていました。
バラはやっぱり農薬を使わないとダメなのかな、なんて思ってました。
適所に置いてやれば、ちゃんと健康に育つんですね。

 

 

鉢植えは水やりがめんどくさいけど、

おばちゃん、がんばるわ。
 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   
 

 

 

 

パソ子、受難の季節




まだ梅雨入り前ですが、
梅雨入りそうそうですが、

恒例の

夏の嫌がらせ
(⇒☆夏の嫌がらせ2016

始めました。



P5270018.JPG



位置について〜

P5270014.JPG



配備完了!

P5270020.JPG



灰色しましまピーナッツ型、ザ・嫌がらせ。

P5270021.JPG



お尻でパソコンの排気口をふさぎ、
頭で辞書をブロック。

P5270022.JPG



完璧です。

P5270024.JPG


がんばってくれ、パソ子。



あちこちの軒先や戸袋から
ひなたちの声が聞こえる季節ですね。
(巣立ちびなを見かけても、拾わないでくださいね。)

ブログランキング・にほんブログ村へ   

 

スマホで見やすいデザインというのに変えてみました。

しばらく、これでいってみます。

また戻すかもしれません。