グリフィンクス

★文型【〜ほど、...】


急に秋がやってきて、光と影がくっきりしてきました。
そんな季節の、庭猫グリコのお気に入りスポット。
あいかわらず苦みばしった顔で、くつろいでます。

P1060276.JPG
いごこちよさそうね、グリコさん。


でもさ、

そこ、

すっっごく、



じゃま!
なんですけど。



のびび〜〜ん。
P1060272.JPG
狭い階段の幅いっぱいに、グリコ

買い物の荷物抱えてたりすると、危ないんですよ
どいてもらえませんかね?




じゃまなとこほど、居心地いいのよ!

P1060260.JPG
ここを通りたかったら
牛乳よこしなさい。




グリコは元気です。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
蚊にも、暑さにも、台風にも負けなかった
グリコ・スフィンクス


※「〜ほど...」の解説と、今年の柿は大豊作!な写真。(↓)
続きを読む >>

夏炉冬扇


★文型 【〜は〜で...】



P1090175.JPG
夏、それは、「猫の開き」ができる季節。



暑いさなかにこのような単語は、書くことすらはばかられるのですが、
薪ストーブというもの、活躍するのは当然ながら冬であります。
では、夏はどうしているのかと申しますと、

これが、なかなかどうして、



役に立つ。





おでこ、ひえひえ〜。

P1040437.JPG


ウリがくっついているのは、ストーブの脚。
P1040436.JPG


下に敷いた鉄板も、なかなかよい具合らしく、
夏でも、ストーブまわりには、よく猫が落ちております。
P1090159.JPG



シマニャー・ウリリアムズ著
『ぬるい鉄板の上の猫』
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ



※「〜は〜で...」の解説と、「夏炉猫」3態は、つづき(↓)からどうぞ。

続きを読む >>

のんべーバースデー

【〜ばかり】


えー、去る4月29日は、おばの誕生日でありました。
オットから、誕生日のプレゼントをもらいました。


内訳は――、

お酒や、お酒や、お酒のつまみや、お酒。



お酒とおつまみばっかり

P1020556.JPG



やー、もー、困るなー。
アタシを何だと思ってるのかしら。


いろいろ、値札ついたまんま。
%引きのチーズが、ツボ。

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ


※1.「南部美人」は、そういえば2011年の春、
   花見を自粛しないでください!
   東北のお酒をせっせと飲んでください!
   と訴えて話題になった蔵元さんのお酒。
   オット、ナイスチョイスです。
※2.文型の解説と、おまけのおつまみをご紹介!(↓)

続きを読む >>

お久しぶりね♪



【〜ぶり】


おひさしぶりですにゃ。

P1140051.JPG


先日のカントー地方はどえらい大雪になりました。
いや、ま、飛騨の山中でとれた人間からしますと、
あれを「大雪」と呼ぶのは面映いものがありますけれども、
いかんせん雪には弱い東京、ひどい目に遭われた方もおありでしたでしょう。
お見舞い申しあげます。

わたくしは、さいわい家にいられる日でしたので、
朝からストーブを焚き、ぬくぬくしておりました。

で、そういえばこの冬は薪ストーブを記事にしていなかったな、と。
写真は、去年の11月5日のもの。
今シーズンは、この日が焚き初めでした。


はんとしぶりかにょ?

P1140072.JPG


例年、4月初めの花冷えのころまでは、ぽつりぽつり焚く日がありますから、
そうですね、6,7か月ぶりで、火を入れたことになります。

脳みそのちっちゃいウリですが、
この黒い箱が、あったかくて気持ちいいものであるということは
半年ぶりでも、すぐに思い出しました。


炎のぬくもりを背に、毛づくろい。
P1140062.JPG


のうみそちっちゃいは よけいにゃ。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ



※「〜ぶり」の解説と、「脳みそちっちゃくない」証拠写真。(↓)

続きを読む >>

ゴーヤ2012

 【〜ほど〜ない】




今年のゴーヤは、
去年のほどりっぱじゃなかった


P1100653.JPG
りっぱだった、ゴーヤ2011




P1100649.JPG
らいねんは ちがうの うえるにゃ。

(写真は9月24日撮影。)


ウリ科の作物は連作を嫌うのだそうですね。
知識として知ってはおりましたが、
ま、なんとかなるべ、と昨年に続いて同じ場所に植えたゴーヤ。
植えた時期が遅かったせいもあるかもしれませんが、やはり不調でした。

葉っぱのカーテンもすけすけで、実りも少なく、
家にゴーヤがあるのに八百屋さんでゴーヤを買う、という屈辱を味わいました。
やっとこさっとこなゴーヤ2012初夏

来年は、何か違うものを植えようと思います。
何がいいでしょう?
ハヤトウリも好物なのですが、やっぱり同じウリ科ですし......
あるいはシカクマメとかいうものにも、興味津々なのですが、
見たことも食べたこともありません。おいしいのかしらん?
ご提案、ご助言などいただけますれば、まことにありがたく。


ウリ科のウリすけは連作歓迎♪
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ 


※文型の解説と、それなりにがんばったゴーヤの最期。(↓)
続きを読む >>

ミルク飲みねこ

 【〜は〜が好きだ。】


グリコ 牛乳が 好きです

P1100734.JPG



グリコ 牛乳が 大好きです

P1100756.JPG
「うみゃい!」



何がどうしたわけか、この夏ごろから急に、牛乳大好き猫になりました。
うにゃうにゃと催促がうるさいので、浅い小皿にほんの少しだけ、
朝夕のご飯前にお給仕するのが恒例になりました。

ごきげんです。
そして、すごくあどけない顔になります。


アゴに白ヒゲ。
P1100758.JPG



グリコ+ミルク=あまあま〜♪
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ


※解説と、おまけ写真。(↓)
続きを読む >>

グリコをさがせ!


【〜は〜に いる。】



グリコを探さがせ!

グリコをさがせ.JPG


おば「グリコはどこ(ですか)
おじ「(グリコは)くるまのうしろ(にいます)!」
おば「どけて(ください)。車くるま、出すから。」

* * *

くるまを出すときには、かならずグリコの所在しょざいを確認かくにんします。
実際じっさいには、グリコをひく心配しんぱいは、まずありません。
はじめてグリコを病院びょういんに連れて行ったとき、
いやがる彼女かのじょを洗濯せんたくネットに詰めこんで、
むりやり車くるまに乗せました。
そのときのオソロシイ記憶きおくがあるからでしょう。
いつも、車くるまのロックを解除かいじょする音おとだけで、
グリコはすっとんで逃げます。

だから、グリコをひいちゃう心配しんぱいはないのですが、
それでもやっぱり彼女かのじょの姿すがたが見えないと不安ふあんで、
くるまを出す前まえに、車くるまの下したを確認かくにんするのが、
わが家の習慣しゅうかんです。

* * *

えー、じつは、今日の記事は、去年の秋の宿題の答えです。
  【宿題】
   「ウリ箱の中にいる。」と、
   「ウリ箱の中にいる。」の違いを考えてみましょう。

宿題を出したっきり、すっかり忘れておりました。
コメント欄にて正解を出された方もありますので、今さらですが、
「つづき」にて、ざくっとした解説と、教室でのずっこけ話などを少々。(↓)


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

続きを読む >>

空は


【〜ぶんには、…】



そらを見ているぶんには、もう秋あきです。

P1090145.JPG

9月くがつになりました。
まだまだ暑あつい日が続つづいていますが、
そらを見上みあげると、秋あきの気配けはいが。

あきになると、日本人にほんじんは「空そらが高たかい」と感かんじます。
成層圏せいそうけんの厚あつみが変わるわけではないでしょうが、
とにかく、よく言います、

「ああ、空そらが高たかくなった。秋あきだなあ。」



うえの写真しゃしんを撮ってからほんの数分後すうふんご
夕焼ゆうやけが始はじまりました。

P1090235.JPG

あきから冬ふゆにかけて、夕焼ゆうやけのきれいな季節きせつです。



きょうは猫ねこぬき〜。
 にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ 
続きを読む >>

〜ば、【動詞の仮定形の作り方】 ―解説

※今度から、文法解説などが長くなりすぎるときは、
 記事を二つに分けて掲載することにしました。
 「解説編」は、日本語の読み書きに不自由しない人を対象にします。
 ふりがなは、つけません。
 
〜ば、【仮定形の作り方】本編は、先週の記事(⇒こちら)をご覧ください。

* * * * * * * *

ウリ 「おいしいものをくれれば、あそんであげましょう。」




「〜ば」は条件節を作りますが、条件節には、ほかにも、基本的なものだけで、「〜と」、「〜たら」、「〜なら」があります。多くの日本語教師がトバタラナラと呼んで、学習者からの質問をおそれている一群です。(少なくとも私は戦々恐々。)

前件と後件の動作主の異同だとか、時間関係(継起性)だとか、もろもろのややこしい要素がからまって、精妙な使い分けがなされているからです。そしてそのく せ、往々にして、トでもタラでもバでもとりあえずは通じてしまうことが多いので、学習者のモチベーションを維持するのもむずかしい。

今回の「〜ば」については、歴史的な要因もからまっています。たとえば「寄る」という動詞は五段動詞ですから、仮定形は「寄れば」です。しかしそれは、
現代語での話で、かつては、もうひとつ、「寄らば」という形もありました。

 ◇
寄らば大樹の陰。
 ◇女三人寄れば姦しい。

中小企業のほうが仕事はぐんとおもしろかったりするし、オヤジだって集まればうるさいじゃないのさ、
フン、と思いますけれども、ま、内容の妥当性はともかく、今でもよく使われる格言ですね。

これの「寄らば」というのは「未然形+ば」、「寄れば」は「已然形+ば」です。「未然」というのは未いまだ然しからず」ということだし、「已然」は「已すでに然しかり」です。つまり「寄らば」は仮定条件、「寄れば」は確定条件です。

つまりつまり、「もし寄りかかるとするなら大きな木がいい。」<仮定>、「女が三人寄りあつまると、つねにいつだってうるさい。」<確定>ということです。
かつては二つの「〜ば」があって、形が違うとおり、意味も違っていたのです。

ところが現代日本語では、この「未然形+ば」の形は一部の格言などを除いては消えてしまい、「已然形+ば」に一本化されてしまった。しかし、意味のほうは両 方残っている。――ふだん日本語ネイティブはそんなこと意識していないし、文脈や、「もしも」「もし」などの副詞によって、仮定か確定かを判断していますから問題はありません。

でも学習者の母語によっては、かつての日本語のように、仮定と確定をきっちりべつの形で表現し分けている言語もあるかもしれません。そんな学習者に対して、不用意に二つの「〜ば」をまぜて例文を提示したりしては、混乱を招くこともありえます。

日本語教師としてはそうした事態を避けるため、できるだけの手段を講じたいところです。私は、「〜ば」は、少なくとも導入時には、仮定条件、それも後件を実現するための必要条件の用法を中心にしたいと思っています。

「(もし)おいしいものをくれれば乗る(けど、くれなければ乗らない)」という具合です。
人のひざがあまり好きではないウリが考えていそうな交換条件です。

ですから、「〜ば」を使う疑問文も、典型的には、「どうすれいいですか?」となります。ある事態の実現に必要な条件を問う質問です。それに対して、「〜と」や「〜たら」は、「〜する(/〜したらどうなりますか?」のように、一定の条件の下でどのような結果が出るかを問う疑問に使われることが多いのです。


しかし、現実には、その教育機関が採用している教科書や、コースの指導方針に従わなければなりません。
トバタラナラをどういう順番で教えるかという、「導入順序」も大きな要素です。また、どんなに慎重に教案を立てたとしても、教室の外から入ってくる情報(「生きた日本語」!)を遮断することは難しく、学生の一人が爆弾質問をすれば、組み立てた教案がチャラになる危険もあります。

そんなわけで、毎回学習者からの質問におびえておりますが、
ひるがえって、中学生の自分(いつの話だ!)が英語の授業で仮定法をおそわったとき、な〜んか曖昧模糊とした霧がただよっていたのは、母語である日本語の仮定表現がちゃんと理解できていなかったせいかもしれないゾ、とも思います。


なお、関西方言では、なにかと「〜たら」が好まれるようです。東のほうでは「行けばいいじゃないか」と言いそうなところで、「行ったらええやん」なんて言うらしい。学生からの質問に追い詰められてにっちもさっちも行かなくなったような場面では、「もうぜんぶタラでいてまえ〜!」という気にもなります。


関連表現⇒「〜と」、「〜たら」、「〜なら」


★・★・いつもいつも無条件で遊んでもらえると思ったら甘いにょ。・★・★
生意気なウリ  にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ コツンとひと押し、お願いします。

次回は土曜日。「受け身動詞」を使った例文リンク集、ひとんち編です!

〜ば、【動詞の仮定形の作り方】

〜ば【動詞どうしの仮定形かていけいの作つくり方かた】 
     
    猫ねこより大おおきいかぼちゃ
                     P1020230.JPG(※この文型については⇒こちら

ですが、

びれば、ねこのほうが大おおきいです


【グループ1=5段動詞ごだんどうし】は、 -u ⇒ -eば

 ⇒行  急いそ⇒急  話はな⇒話  立てば
 呼⇒呼  飲⇒飲  乗⇒乗  会


【グループ2=1段動詞いちだんどうし】は、-る ⇒ -れば
 見⇒見れば  食⇒食べれば
 
【グループ3=不規則動詞ふきそくどうし】は、2つだけ(↓)
 ・ ⇒ れば

 ・する  ⇒ 
すれば

【-ない】は、どれでも、-ない ⇒ -なければ

 ※動詞どうしのグループ分けは、⇒こちら



【例文れいぶん
◇Aさん 「お宅たく
の猫ねこ、どうしてグリコって言うんですか?」
  お ば「
えばわかりますよみたいな色いろなんです。」
  (※「グリコ=glico」は、有名ゆうめいなお菓子
かしの会社かいしゃの名前なまえです。)

◇おば 「ウリ、たまにはひざに乗らない?」(※乗
らない?<乗りませんか?)
 
ウリ 「おいしいものをくれれば、ります。」
   (※ウリは、ヒトのひざに乗
ることが、あまり好きではありません。)

ニャンタは17歳じゅうななさいと10か月
じゅっかげつのおばあさん猫ねこだったけど、
  さいごまで、つやつや、ふわふわ、きれいだった。
  猫
ねこの年齢ねんれいは、われなければわからない。
  いいなあ。
   言われなければ←言われない←言われる(受け身動詞=グループ2)←言う(グループ1)


  にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ  
つづきをよむ。(↓)
続きを読む >>

季節はずれ

〜方ほうがいい。 


ウリ 「クッション・カバー、えたほうがいいです。」


P1020181.JPG

「【動詞どうしのタ形けい】+ほうがいい」の形かたちで、聞き手にアドバイスをする文ぶん
(タ形けいの作つくり方かたは、また今度こんど。)

なにかをしないことを勧すすめるときは、
「【動詞どうしのナイ形
けい】+ほうがいい」を使つかう。
(ナイ形けいの作つくり方かたも、また今度こんど。)


【例文れいぶん
グリコ 「ご飯はん♪ ご飯はん♪ もっとご飯はん♪!」
  お ば 「グリコさん、ちょっとダイエットしたほうがいいと思おもうけどなあ。」
  グリコ 「これから寒さむくなるから、どんどんべたほうがいいの!」

グリコ 「ご飯はんがほしいときは、大おおきな声こえんだほうがいいわよ。」
  ウ リ 「でも、おばちゃんたちをこさないほうがいいと思おもいます。」
  グリコ 「甘あまい!」 (※「甘い」=やさしすぎる)


* * * * * * * *

クッション・カバーの黄色きいろはなは、ヒマワリ。
ヒマワリは、夏なつの花はな
そして今いまはもう9月くがつの終わり。
ええ、えたほうがいいですね。


にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
つづきをよむ。(↓)
続きを読む >>