ぶろっく比べ

 

 



ねこねこしい封筒が着到。

P9100049.JPG



出てきたのは、おや?

P9100050.JPG




さきごろ根津の里で開かれた
「ねこここち」展の......?

P9100051.JPG

フォトブック。



シミズさん、行けないんでしょ、
代わりに行って来てあげましたよ。
――と、最近知り合った方が

送ってくださいました。




今年制作されたものではないようですが、
中には見覚えのあるお嬢さんが。
キウイさんちのナッツ姫?
完璧にパソコンを制覇してます。

P9100053.JPG

何なのかしら、

この確信に満ちたお顔。
「あたし、やるべきことをやってるの。」

そういうお顔ですね。




それにくらべたら、
この灰色しましまのブロックは
詰めが甘いですな。

P9100054.JPG

ナッちゃんを見習え、

とは言わんけれども。

 

 



にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ

月曜ですが、祝日なのです。
日本語バナシは
謹んで休業いたします。

 

 

ところで、

お時間ありますか?

2分でできます。

 

動物愛護管理法に関するパブリックコメント送付フォーム

 

〆切はきょう9月23日です。

友達がいないからです。




ウリは「ひとり」が好き。

P8120008.JPG




それにしては
いつもじゃまくさいとこにいるけど、
かまってほしがるわけではない。
 

P8120010.JPG




きれいな目をして、
何を見てるのかな。
何を考えてるのかな。
 

P8120015.JPG

 



花
 

夏休み恒例シリーズ


留学生は見た!

今季最終回は、

 

タイのNBさんです。
 

今まで日本人から言われて、いやだなって感じることがないと思います。なぜなら、日本人の友達が一人もいないからです。それに、私もあまり人と話さないし、授業が終わった後、ずっとへやにいて宿題をやったり、音楽を聞いたりします。毎日そんなことをくりかえして、つまらないと思いますがしかたないです。たまに、外を出かけて、ライブ見ます。ライブの前で同じことを言われて(私だけじゃない)ウンザリすることもありますが、それは「前の方へおすすみください」ということばです。ライブのかいじょうにいるみんなきっと何回もライブ見たことがあります。それなのに、みんなはそのことばをあまりしたがわないで、隣の人と話しているばかりです。ウンザリです。
 
 
NBさんのこの文章を読んで、
日本人読者のみなさまは
どんな印象を持たれたでしょうか。


NBさんは、ほんとうに静かな人でした。
感情をおもてに出すことがなく、
授業を楽しんでくれているのかどうか
見た目ではわからなくて、
いや、むしろ居心地悪そうにも見えて、
教師の私は不安になるほどでした。


でも、
今改めて学期中の記録を見ると、
ただの一度も欠席はしていません。
クイズやテストは毎回ほぼ満点。


勝手な解釈だけれど、
クラスにいることが
少なくとも苦痛ではなかったらしい、
と思いたいです。


**


読解のこのクラスでは、最後の回に
ビブリオバトル(=書評合戦)をやりました。
クラスメイトに読ませたいと思う本を
みんなが1冊ずつ持ってきて、
5分で紹介、3分間質問応答、というもの。


日本語で書いてある本なら何でもいい、
ラノベでも漫画でも翻訳本でもいい、
と言ったところ、
NBさんが選んできたのは
STUPPY(辰巳出版)という雑誌でした。
ビジュアル系バンドの専門誌でした。


日ごろ自主発言のほとんどないNBさんが、
5分間静かに、熱心に、話し続けていました。
そして質疑応答タイムに移ると、
グループのメンバーがこれまた熱心に
あれこれ質問していました。


それはとてもいい情景でした。
紹介する方も質問する方も、
ほんとうに紹介したいから語り
ほんとうに知りたいから質問している。
すごく「まっすぐ」だったのです。


***


私は日本の社会で生きてきて、
誰かがとんがった何かについて語り始めると
周囲がそれを揶揄する場面を
何回も見てきました。
アア、マア、
ウン、ソウイウノモアリカモネ、
ナ〜ンチャッテ、ハハハ......


もっと悪いのは、
マナーとして興味があるふりをする場面。
ヘー、ソーナンダ、
フーン、スゴイネー、
トコロデサ......


****


美化しすぎているかもしれないけれど、
留学生たちのクラスはとても大人です。
ほんとうの意味で、大人です。
変わった人がいればすぐイジルといった、
そういう「小さな意地悪」がない。
そんな気がします。


だって、みんな違ってるから。
みんなちょっとずつ変わった人だから。



最後の期末試験のあと、
クラスの元気者が提案して
みんなで記念写真を撮りました。
いち早く退室したNBさんも
みんなが終わるまで残っていて、
ちゃんと写真に入ってくれました。

 
ああ、お見せしたい。
とてもすてきな写真です。


ほかの人たちが満開の笑顔だとすれば、
NBさんは柔らかなつぼみだけれど、
まっすぐカメラを見つめています。


自分の好きなものがしっかりわかっている。
一人でいることをこわがったりしない。
行きたいライブがあれば、行く。
人と話すのが好きじゃなくても
学びたいもののためには留学までする。
――そんなNBさんがいたクラス。


そしてそんなNBさんと
フラットにおしゃべりを楽しむ
クラスメイトがいたクラス。


私はなんてすてきな場所にいたのだろう。
今さらながら気づきました。


ありがとう。

 
*****


ごった返すライブ会場で
静かな顔をしたNBさんが
お団子状態の人々をスッと抜けて
最前列に進むようすを想像しています。
 


にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ


「留学生は見た!」シリーズ、
2019年春学期の巻はこれにて終了。
おつきあいくださって、
ありがとうございました!

いそぐにゃ。

 

 

いそぐにゃ。

=(日本語訳)急いでください。

 

P9100062.JPG

 

 

環境省が、

動物の愛護及び管理に関する法律等の一部を改正する法律の施行に向けて

整備すべき関係法令改正案について(長い!!!)、
パブリックコメントを実施しています。

 

 

しかし、

パブコメを送るには、

何条のどこについての意見なのかを

書かなければなりません。

でも法律の文言って、わかりにくい!

自分の言いたいことがどこに該当するのか、

すぐには見つけられなかったりして、

つい、アーメンドクサイ!となりがちです。

 

 

そういう人(=私だ)は、

この↓フォームを利用しましょう。

 

 

動物愛護管理法に関するパブリックコメント送付フォーム

 

どうぶつ基金

サクッと書けてサクッと送れる

便利フォームを作ってくれました。

(私も使わせてもらいました。)

 

 

ただし、

どうぶつ基金は、

論点を2つにしぼっています。

例の(⇒☆秋田犬除外問題と、

マイクロチップ装着義務化です。

そして、2つともにチェックを入れないと

送信されないように設定されています。

 

 

そこがちょっと自分の意見と違う、

という方にはご不満もありましょう。

けれど、

それでも送らないよりはマシ!

言いたいことを言わずにいるよりはマシ!

と考える人(=私とか)には

ありがたいフォームです。

 

ほんとうに2分でできます。

ぜひ!

 

〆切は9月23日(月・祝)です。

 

急ぎましょう!

 

 

「留学生は見た!」最終回は金曜日に。