お手上げです!

 

おてあげにゃっ!

 

 

(ウリすけ1歳ごろ)

 

 

いろいろお手上げです。

その上、わが家のインターネットまで不調です。

この写真1枚上げるのに、30分かかりました。

 

 

もう、笑ってごまかすしかありません。

 

あは♪

 

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

りんごハウスのその後

 

 

 

この鋭い目つき。
討ち入り前のやくざの親分?
どこぞの大統領を狙う暗殺者?

P1330975.JPG

中身と顔がこれくらい合わない猫も珍しい。
実態は甘ったれなグリコさんが
どこにこもっているかというとですね、
ここです。



 


P1330967.JPG

 

遠野のりんごは二度おいしい。⇒☆

三度めもおいしいかもしれない。⇒☆☆

というところで停滞していましたが、

このほど、めでたく

茶色いしっぽが生えました。

 




中にいるのが暗殺者だとコワいので、
そうっとカメラだけ差し入れて撮影。

P1330981.JPG

たいへん、ご満悦のようです。



ついでながら、

P1330903.JPG

 

豆苗の二期作も絶好調です。

気温は低め、

陽ざしは強め、

というのがいい環境のようです。

 

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

 

※いささかドタバタしております。

 「留学生は見た!」はまだまだ続くのですが、

 きょうはちょいとお休み。

 忙しい、というのとも違うのですけれど、

 いや、忙しい、のかな。

 とにかくきょうのところは、

 グリコさんにお茶を濁してもらいます。

きこり

 

 





きょうは、
お約束した「きこり」のお話を。




地面から唐突にお日さまが!

P2040091.JPG

フクジュソウの咲く季節になりました。




見上げれば、ロウバイも満開。

P2040081.JPG





参加している地元の里山保全団体は、
冬と春のあいだ、

ちょうど今の時期に
炭焼きをしています。

P2020038.JPG

炭窯は常設ですが、
煙突は、そのつど立てます。
長いブリキのパイプを継いで、
立ち木の枝に渡すのです。


斜めに渡した煙突からは
冷やされた水蒸気が落ちてきます。
それを受けて、木酢液も取ります。


窯のかたわらでは、
熾火で焼き芋をこしらえたり、
一斗缶で花炭を焼いたり、

(⇒☆花炭と鼻
いろいろなお楽しみもあります。





あるいは、
個人的に「薪狩り」をすることもあります。


たとえば、「山持ち」の人から、
去年の台風で倒れた木を整理したんだけど、
よかったら持ってかない?なんて言われる。


今回の現場は、

家から自転車で行ける距離。
さっそく斧をかついで偵察に。

P2070095.JPG

 

 



 

伐採業者さんが切り倒したクヌギ9本、
エゴノキとイヌシデも少し。
杉やヒノキもりっぱなのが数本。
いずれも枝を払って

整然と積んでありました。

P2070097.JPG

おいしすぎる。




近所の薪ストーブ仲間に声をかけて、
4世帯で玉切り作業にかかります。


と言っても、

うちはエンジンチェンソーがない。
ぜんぶ人さまに切っていただく。
すまんことです、ありがたいことです。
せめてもの申し訳に、
せっせと運んで積む。

P2070099.JPG

この日はこれで終了。
これ、ぜんぶクヌギです。
薪ストーブ持ちにとっては、

大ごちそう。
割るのが楽しみ〜。


**


――というような作業を、
5月の連休ころまでやるわけです。

 


夏は夏で、林内の下草刈りなどをします。
草刈りは、もう苦行そのものですが、
薪ストーブのためなら、エンヤコラ。
そして木枯らしが吹くのを待つ!



***


猫も出しておきましょうね。


むぅん。

P1340091.JPG

これ、

何をしているとこでしょう?

 


こたえ




いつもとちょっと配置が違うけど、
灰色しましま製

足首あたため器。

P1340088.JPG

 

ほかほかと稼働中なり♪

 

 

おかげで

おばは、風邪知らず。

にほんブログ村 外国語ブログ(日本語)へ   

 

サボた〜び





おばちゃんは いませんにょ。
 

P1340007.JPG




どっか いったです。

P1340006.JPG




ウリを おいて......

P1340005.JPG





グレてやるです。

P1340010.JPG





てやんでぇ。

P1340012.JPG




おばは、
へんてこりんな切符を買って、
遁走中。

51768515_1227483730742029_759636181150334976_n.jpg

国分寺⇒新宿、11,990円!
(ふつうなら300円くらいの距離なり。)

 

 

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

 

そんな次第で、今週も日本語バナシをサボります。

コメントのお返事も滞りますが、お許しください。

ああ、こうして貴重な読者を失ってゆくのだわ.....。

アイのかたち

 






こんな顔も、

P1340054.JPG




そんな顔も、

P1340051.JPG




イジワルそうな顔も、

P1340055.JPG

 

ぜ〜んぶ、好き。

 

 

 



おばちゃんのキモチは、

いつだってこんな感じ♪

P1330501.JPG

あ、ちがった。

さかさまでした。

 

 

 

 


こんな感じ♪


P1330503.JPG

 

ウリ猫らぶの、

はぁと♪

 

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ


 

猫にらぶらぶ光線を送っても

迷惑がられるだけです。

チョコも喜ばれません。

 

でも

誰かにを捧げたい!

そんなときは、

たとえば⇩

 

花

 

 

ハートどうぶつ基金

 

ハート動物いのちの会岩手

 

ハートアニマルレスキュ―飛騨

 

 

先日、きこりの話をしましょうか、

 なんて書きましたが、

 きこり写真がないじゃないの!

 もうちょっとお待ちくださいませね。

気持ちいい弁当

 

 

 

 

きょうは

ねこの はなしじゃ

ないのにゃ。

 

P1340101.JPG


牧野伊三夫さんのトークショーに行ってきました。
わがふるさと飛騨にもご縁の深い絵描きさんですが、
このほど新刊『画家のむだ歩き』を出されましてな。
なんと、そのご本の編集者さんは、
拙著『日本語びいき』を作ってくださった方。


ご縁だわ〜。
というので、行って来たわけです。


牧野さんの魅力は、じつに多岐にわたるのですが、
たとえば、......いや、ご自分で見つけてください。
私の筆ではお伝えしきれません。


で、その会場で入手したのが、
限定20食のこのお弁当。
(キャンセルが出たのを分けていただいた♪)

P1340109.JPG

日田(ひた)と飛騨(ひだ)は、
どうやらつながりがあるらしい。
どちらも山の国、木の国です。


で、牧野さんがあれこれ「遊んで」いるうちに、
日田でもいろいろな計画が動き出して、
このお弁当も、その一つだそうな。


たのしい包み紙を開けると、
厚手の経木のお弁当箱。
箸袋は「しんぶん」になっていて、
中には、お箸と、のこぎりが!

P1340111.JPG

お弁当に、のこぎり?





デンと横たわるゴボウを切るのです。

P1340113.JPG

はい、日田名産の杉に見立てた。

 

 



そんなアソビはあるけれど、

無駄な飾りはいっさい、なし。
必要なものだけでできている。
食べられるものだけ、入っている。

P1340114.JPG

 

プラスチックのバランも、

プラスチックの小菊も、なし。

 

 

その意気に感じて、チンなんかしない。

冷えたままの麦飯をかきこむ。

きこりらしく、あぐらをかいて。


P1340116.JPG

 

途中で猫が見学に来たけれど、
委細かまわず、わしわし食べる。

んめえなあ。

 

 


そして......
食べ終わった弁当がらがうつくしい!

P1340117.JPG

ゴミが出ないって、気持ちいい!

 

 

 


 

zzzzzz......

 

P1340103.JPG

 

出番がなくて、寝る猫。


 

 

 

 

せっかくの「きこりめし」、
お外で食べたかったなあ。


この日は都合が悪くて
家でいただきましたが、
実際、このところのおばは、
「きこり」をしております。

 

 

次回は、きこり活動の一端を

ご覧に入れましょうかね?

 

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

休みだった♪

 

 

 

しまった!

 

P1340084.JPG

 

 

 

 

 

 

あっちゃ〜、

きょうは月曜日だ。

 

P1340077.JPG

 

 

 

 

 

 

どうしよう。

 

P1340069.JPG

 

 

――と思ったら、

 

 

 

 

 

祝日だった♪

 

 

 

 

 

あ〜、よかったあ。

 

P1340072.JPG

 

 

っていうこと、

 

よくありますよね。

 

 

ね?

 

 

 

 

そんなわけで、

今週の日本語バナシは

お休みです。

 

P1340081.JPG

 

 

このごろ

記事の備蓄がないの。

 

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

天体ショー

 

 

 

 

2月になって

だんだん太陽が高くなってきた。

でも、まだまだ

部屋の奥で日光浴ができます。

P1330804.JPG

 

 

 

 

先月末の早朝出勤のときです。

南東の空に、

細い月と明けの明星があり、

その二つのあいだに、

もう一つ明るい星が見えました。

 

 

だれ?と思ったら、

木星ですって。

月と金星と木星の三角デート。

☆国立天文台ほしぞら情報

 

 

太陽の光で見えないけれど、

昼間も天には星々がめぐっている。

地球が轟音を立てて回っている。

 

 

そんなことを感じる夜明け前の空、

大好きです。

早起きはつらいけど。

 

 

**

 

 

さて、本日は、

ぬくぬくのお部屋から、

ウリ猫の天体ショーを

お届けいたします。

 

 


新月。
 

P1330791.JPG




上弦の月。

P1330794.JPG

 

 

 

半月。


P1330805.JPG

 

 



お、月面に生命反応?

P1330796.JPG




探査機、接近!

P1330803.JPG

 

 

 

 

 

じぃ〜〜〜。

P1330807.JPG

 




探査機、うるさい?

P1330808.JPG





うるさいですね、はい。

P1330810.JPG


撤収!

 

 


 


ブログランキング・にほんブログ村へ

引っぱりたいしっぽ

 

 

 


引っぱりたい、しっぽ。

P1330767.JPG

そんなとこに垂らしてるのが悪い。

誘惑に負けて
これを引っぱったとしても、
誰も怒らないだろうと思う。




本猫以外は。

P1330766.JPG





おすまし、ふふ〜ん。

P1330768.JPG




はみ出してますけど、ね。

P1330770.JPG




この日は休みで家にいたおじちゃんが
下でタブレットをかざして、
やいやいとうるさい。

P1330779.JPG





なので......






とびますっ!

P1330780.JPG

『猫ネコ英語』のお庭の
「飛びますっ!」もかわいい。(⇒☆



ところで!



『日本語びいき』(中公文庫)、

3刷り、重版決定ですっ!

日本語びいき (中公文庫 し)


担当編集者さんによれば、
じわじわと売れているのだそうです。
じわじわとうれしい。


みなさまのごひいきのおかげです。
ありがとうございます!

 

 

ついでにこちら↓も

ポチッと2つ、

押してたまわりませ。

ブログランキング・にほんブログ村へ



 


 

大急ぎののんびり旅



 

 

 

久々に山靴はいて
リュックをしょって
朝のローカル線。
 

P1250034.JPG

急なお誘いをいただき、
それがあんまりうれしかったから、
全速力でしごとを片づけたのだ。




少しぐらい寝不足でも、
こういうときはお目目ギンギラ。

P1250029.JPG

 

 

 

 

 


八ヶ岳の南端で拾ってもらい、
北東をめざす。
その途中の大きな橋。

P1250048.JPG

 

 




橋から見る南東の空、
絶景かな。

P1250056.JPG

あれ?
富士山のアタマが
写ってたはずなんだがな。





まあ、よい。




絶景かな、北西の山。

P1250063.JPG

八ヶ岳、
大昔は一つの山だったって、ほんと?
左右の稜線から点線を立ち上げて、
勝手に頭の中で結んでみる。
......うわあ、でっかい!

 

 

 

 

 

八ヶ岳を東に抜けて、

ずんずん北上。

静かな森に着きました。

 

P1250074.JPG

 

春になったら、

ミソサザイが歌いそうな小川。

 

 

 

 

今は静かだけれど、

生き物の気配は濃厚です。

 

 

 

これ、なーんだ?


P1250069.JPG

 




通称「エビフライ」。
リスが松ぼっくりを食べた残りです。

P1250070.JPG

あの小さな生き物が、
あの小さな両手にこれを抱えて、
くるくる回しながら食べたのよ。


......。


想像して、悶絶!




お世話になったお宅には、
こーんなりっぱな薪ストーブが。



なんと、オーブンつき。



先日のバターナッツかぼちゃが、
薪ストーブのオーブンで、
大変身!

P1250080.JPG

ローストして、塩とバター。




さらにもう1個は
とろとろのスープに変身!

P1250083.JPG

このスープが、おいしいのなんの!
作った人のお人柄でしょうか、

穏やかな、こっくりした美味♪
 

 

**


夜の間に雪が降って、
翌朝はうっすら雪景色。

P1260140.JPG

おかげで、
暮らしている生き物たちの
足あと探しが楽しめました。





あわただしいときこそ、
「遊ぶ」って大切ですね。
時間の流れがふわっと変わりました。



遊んでくれたみなさん、

ありがとう!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ



 

 

 

あれっ?

 

 

 

樽猫を撮っていて、

(⇒樽猫コレクション

あれ?と思う。

 

P1010002.JPG

 

 

 

 

 

 

あれっ?

 

P1010001.JPG

 

 

 

 

 

 

ほら、

 

 

光が、

 

 

 

なんだか春っぽい。

 

P1010007.JPG

 

それにしても、

そのほっぺ......

 

 

 

 

 

春になったら脱ぐのよね?

それ、冬毛よね?

 

P1010006.JPG

 

まさか

ナカミ入りじゃないよね?

 

 

 

 

 

おまけ。

バターナッツかぼちゃをいただきました。

あ、全部じゃなくてこのうちの2つを。

 

並んだ姿がかわいかったので、

分けっこする前に

全員集合で、記念撮影。

 

jpeg-imag.jpg

 

 

 

 

光の春は、

もう来ています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ



 


 

猫くつしたと猫、および影遊び




いただきものの猫くつした。
写真を撮っていたら、
猫がやってきた。

P1330713.JPG




ほらほら、
「立体お手手」がついてるんだよ。

P1330712.JPG




しっぽも生えているのだ。

P1330709.JPG

――と、
太いウエストを
必死でひねりながら、
撮影を続けていたら、





ぽふっ。

P1330710.JPG


本物のしっぽを撮れ、と。

 

 

 

 

おまけ。

 

 

 

冬の陽ざしはドラマチック。
 

P1330753.JPG

洗面所の鏡に反射した夕日が、
バクさんを照らす。
 

 




P1330755.JPG

マレーシアのご出身です。





P1330758.JPG


影遊びは、
たのしいな。
 

 


 


ブログランキング・にほんブログ村へ

猫とおじちゃん#3





オットセイか?

P1330721.JPG





猫でした。

P1330742.JPG





天から災いが降ってきた。

P1330726.JPG





むぅ。

P1330723.JPG





好きだなあ、この顔。

P1330732.JPG

ウリ猫
どんな顔をしても
かわいい。

 
困っちゃうな......
 


 


ブログランキング・にほんブログ村へ

グリコのやる気




陽ざしのない
寒々しい朝も、
黒っぽい姐さんは
断固、ベランダに出る。

P1330507.JPG




まして
お日さまサンサンの朝は、
絶対に出ると言い張る。

P1330631.JPG

(注)ガラスの汚れは
どうぞお気になさらず。
年末の大掃除は無期延期になりました!






ヒトが根負けして
窓を開けるまで、
じっとこの顔で待機。

P1330625.JPG




出たらば、
今度は室内側を向いて立つ。

P1330509.JPG





ヒトはこの顔から
何を読み取ればいいのでしょう?

P1330504.JPG
 

いっしょに出ろ、と?

 

 

寒稽古か何かですか?

 


 


ブログランキング・にほんブログ村へ

 

猫とおじちゃん#2





猫がソファでくつろいでいると、

P1330485.JPG

 

 


コーヒーミルをもったおじちゃんが
どかっと脇に座る。

P1330473.JPG




飼い猫の試練。

P1330479.JPG

 

 


業務の一環。
 

P1330474.JPG
 

 



どうしても
耳を裏返したいヒト。

P1330475.JPG

 




唇をかみしめる猫。

P1330476.JPG

家猫稼業は、つらいね。

 

 

 

 

去年の後半あたりからでしょうか、

ウリ猫とおじちゃんの距離が

劇的に縮まった気がします。

 

 

放浪時代に

何か怖い思いをさせられたのか、

ウリは男の人が苦手で、

自分からオット氏に甘えることは

まずありませんでした。

 

 

それがようやく

2年ほど前から

オット氏の接近を許すようになり、

(⇒

さらにこの冬は、

自分から寄っていくことも!

 

 

おじちゃんは

もう、ルンルンです。

耳を引っくり返しても

嫌がられないなんて♪

 


ウリ、えらかった。

おじちゃんが豆を挽き終えるまで

じっと耐えぬいた。

P1330482.JPG

 

ルンルン野郎につける薬は、

ないのよ、ごめんね。



 


ブログランキング・にほんブログ村へ