春! 里山編#2

もうちょっとだけ、春の里山散歩をつづけます。

すこし離れた別の林には、こんなかわいいオーナメント。
P1060822.JPG
マルバアオダモ(たぶん。......ちがうかも。)の新芽にぶらさがるミノムシ
おーい、そろそろ起きる時間だよ〜。

そして、このあたりで早春の雑木林を彩るものといえば、まずはこのピンク。
ウグイスカグラ
花もかわいいけど、透き通ったうつくしい紅い実もたのしみな低木です。


お正月のあの日の散歩で歩いた、同じ尾根。
P1060830.JPG
どことなくこずえがふくらんで、林がふっくらして見えます。

林を出ると、住宅街にぽつんと残る畑で、耕運機が働いていました。
P1060818.JPG

またまた野菜直売所のにぎわう季節が始まります〜♪


 来週は、まじめに日本語の勉強!
ひきつづき応援のほど、
 にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ よろしくお願いいたします。

春! 里山編


先の日曜は、ひさしぶりに休みと天気がうまく合いました。
あれこれ用事はあったものの、ひょいと時間が取れまして、
近くの雑木林を駆け足で散歩

いつも行くクヌギ林で、昨年、大きなクヌギが一本、倒れました。
クヌギのような背の高い木が、その命を終えるとどうなるか。

こうなります。
P1060803.JPG
「空」にすきまができる。
ぽっかりと空いたその穴は、光の井戸になります。
それまで暗かった地面に、お日さまの光が降りそそぎます。

P1060811.JPG

すると――、
P1060807.JPG
これは、アマナという草。
チューリップの、小さな小さな仲間です。
この場所で、何年も何年も、チャンスを待っていたのですね。
クヌギの落ち葉に守られて、この春まで、長い眠りを眠っていたアマナ。
そのクヌギがどいてくれたおかげで、花を咲かせることができました。

こちらはウバユリ
P1060810.JPG
なんとなく原始の森の風情があって、好きな花です。
芽吹きの葉っぱも、おおらかに大きい。

P1060800.JPG
こちらはタチツボスミレ
テイカカズラが、ちょうどリースのように周りを取り巻いています。

P1060816.JPG
こちらはコスミレ(たぶん)。

スミレたちの薄いむらさき色は、
ほんとうにもう、なんというか、世の中の「やさしさ」を
ふうわりと集めたような、そんな色だと思います。
ほとんど無色透明の「やさしいキモチ」を、
せっせと集めて重ねたら、こんな色になるかな、と。

「怒る」ということを知らないウリのイメージカラーも、
だから、この色。


 明日も書くのだ! 
やっぱり ひまなのにゃ。
 にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ そうじゃないんだけどもっ!

ツボる

『ぐりぐら写』のテケトさんから、
フジツボ・ガチャガチャをいただきました!
P1060620.JPG
厳正なる抽選で、ぐらちゃんが引き当ててくれたのは、クロフジツボ!


いい? みててね。
P1060609.JPG

はっ!
P1060615.JPG

ほ。
P1060616.JPG


え?
もう終わり?


P1060621.JPG
うん。




しかたがないので、に置いてみる。
P1060629.JPG

まだ おしゃしん とるの?
P1060633.JPG

もう ね  む    い......
P1060634.JPG



一瞬の、華麗なドリブルを見せてくれたウリ選手、あえなく沈没。
P1060630.JPG


クロフジツボのバッヂ、わたくしの技術とモノクロ猫とでは
その魅力の一端もお伝えできないのが残念ですが、
たいへん精巧にできておりまして、うらら先生の解説文もたのしいです。

テケトさん、愉快な企画にまぜてくださって、ありがとうございました!
ぐりちゃん、ぐらちゃん、難度の高いチョイス、うれし泣きです。ありがとう!!
猫がお好きなのに猫アレルギーだという、うららさん、
少しは猫分補給になりましたでしょうか。

倉谷うららさんの「ふじつぼん」は、こちらです。

『フジツボ 魅惑の足まねき』 (岩波科学ライブラリー)


この岩波科学ライブラリーという叢書では、ほかにもハダカデバネズミとか、クマムシとか、
おもしろぶきみかわいい不思議生物が、あれこれ紹介されています。
生き物のお話もおもしろいのだけれど、彼らに魅了された研究者の生態もおもしろい!
フジツボにすっかり「付かれた」うららさんの語り口を、ぜひおたのしみください。

フジツボる  
ツボりツボられ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ   ツボりましょう!
※ラ行五段動詞  


庭猫グリコにも、撮影に協力はしてもらったのですけれども、

  ますますもってワケわからん写真を量産するに終わりました。

※せっかくのフジツボでサッカーをさせるなどとはケシカランことですが、
  ウリはものを壊したりする猫ではないので、どうかお咎めくださいませぬよう。
  つぼバッヂはもちろん無事です。どこに付けよっかなー♪
 

春ですねっ! #2

さて、きのうのクイズのこたえは、アケビ。
ミツバアケビ

車置き場のわきの板塀にからませております。
エンジっぽい紫が花です。大きいのが雌花、細かい房状のが雄花。
P1060746.JPGP1060743.JPG
で、右の写真は、そのアケビの、ツル。

このツルは、どんどこどんどこ伸びる伸びる伸びる!ので、
やわらかいところをポキポキ折り取って、さっとゆでて、水にさらして、
温泉玉子(かんたんな作り方は⇒こちら)といっしょに、薄味のおだしで巣ごもり仕立てに。
P1060759.JPG

ほのかな苦味が、玉子の黄身の甘さと出会って、えもいわれぬおいしさ。
色の取り合わせもうつくしく、クキクキとした歯ごたえもオツです。
んー、やっぱりお飲み物は、日本酒でしょうねえ。
ソウメンといっしょにすすりこんでも、たいへんに具合がよろしいですよ。

うちの庭では、ゼンマイも採れます。
P1060766.JPG
ちょっと黒っぽいですけどね。
毛深いですけどね。
食べられませんけどね。
2本ずつ、生えるんですよ。(影がかわいい♪)

P1060795.JPG

ばかなこと やってるにゃ。


☆・あす、曜日は、いよいよ・☆
☆・フジツボレポート!・☆
ウリ がんばったにょ。 にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ いや頑張ったのは私。 

春ですねっ!


ねこくさは てんねんものが いちばんよ♪

P1060792.JPG
                      ※ウリぺろりんをほめられたのがうれしくて、再度のぺろりん♪


冬のあいだ、無印良品の袋栽培の猫草を食べていたウリ
 ※チャレンジングなその食べ方は ⇒こちら
春が来て、裏の空き地にツンツンとイネ科の草が伸びてきたので、
ぼちぼち天然ものへと移行ちゅう。

猫草はやっぱり天然ものに限る!らしいです。

朝、新聞を取りに出たおばがもどると、
玄関ドアの内側でこんな顔の怪獣が待ちかまえておるのであります。
手ぶらではもどれません。
――右手に新聞、左手に草。
半年前、冬が来るまでの毎朝の日課だったことを、
この小さな脳みそで、春になったらちゃんと思い出すんですねえ。
エライもんだ。


で、さて、えー、春なので今週は日本語は休みまして、
本日月曜と火曜は家まわりの春を、木曜と金曜は近くの里山の春をおとどけします。
そして間の水曜日は、「フジツボ」レポートです!
(フジツボ?という方も、水曜になればおわかりになります。)


では、まずは家まわりの春について、クイズ。
これ、な〜んだ?
P1060743.JPG

ヒント。
その花。
P1060746.JPG


こたえは明日、火曜日発表なのだ。
今週は毎日書くのだ。
おばちゃん ひまなの? にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ 暇じゃないからなのだ!

田代島にゃんこ共和国


春の嵐を突いて、東北の島からお手紙がとどきました。
封筒には、白黒猫さん。
P1060652.JPG

イソイソと封を切る。
出てきたのは、こんなカード。
P1060654.JPG
     
     田代島
にゃんこ共和国国民証



東日本大震災で甚大な被害をこうむった、宮城県石巻の、田代島。
呼びかけを知って、ささやかな応援資金を送ったのが、昨年の春。
猫の島として有名な田代島には、全国(の、たぶん猫好き族)から支援金が集まり、
ああっという間にあっさり目標額を達成。
殺到する支援に、事務仕事に不慣れな漁師さんたちは、ご苦労なさったようです。

しかし、このたび、共和国が建国されたのであります♪
おめでとうございます♪

(=共和国)の主要産業である牡蠣の養殖がふたたび軌道に乗れば、
支援者(=国民)には、出資金1口につき、むき牡蠣1キロが送られてくる約束です。

むき牡蠣キロ ・☆!

ああ、どうやって食べようかしらん。
あんなことして、こんなことして、......♪〜

ええ、何年でも待ちますとも!
田代島のみなさん、どうぞ、おいしい牡蠣をよみがえらせてください!

P1060658.JPG

ぺろりん♪

すでにたんまりゴチソウになった気分です!


この国民証、
身分証に使えたら楽しいな。
「コホン、わたくし  にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ こういう者です。」


田代島にゃんこ・ザ・プロジェクトについては、⇒こちら
  現在、支援金や物資の受けつけはしていないそうです。

薮内正幸美術館


薮内やぶうち正幸まさゆきさんという方をご存じでしょうか。

動物画家です。

名前はごぞんじなくても、その絵を一度でもごらんになった方は、多いはず。
たとえば、サントリー愛鳥キャンペーンの、大判のポスターや、新聞広告。
(サントリーのHP内のこちらに、作品のアーカイブがあります。)
このキャンペーンは、企業の意見広告として画期的なものでした。
1973年から十年以上の長きにわたって展開されていましたから、
当時すでにモノゴコロついていた方なら、一度はお目にとまっているのではないかと。

たくさんの児童書や絵本にも描いていらっしゃいます。
岩波書店の斎藤惇夫作『冒険者たち―ガンバと15ひきの仲間』
『ガンバとカワウソの冒険』などの挿絵に胸躍らせた子どもも、多いはず。
それに、福音館書店の「どうぶつ絵本」シリーズの数々。

さらに、何かというと「広辞苑によれば」と引き合いに出される、あの『広辞苑』の、
動物関連の挿絵は、すべて薮内さんです。

つまり日本の動物画界の一大巨頭であり、先駆者でもあった方。
その絵は単に緻密・細密であるだけでなく、何より「正確」でした。
動物学、動物行動学などの専門家をうならせる、正確無比の絵を描く方でした。

生態はむろんのこと、骨格や筋肉の動き、羽毛の構造までを熟知していたからです。
だから、写真では決して撮れない行動、姿態、瞬間を、絵にすることができました。
実際には見たことのない行動でも、描けました。
現実に見ることは不可能なアングルからでも、描けました。
P1060459.JPGこんなカッコや、

P1060458.JPG
こんなカッコは、お茶の子。



――というスゴイ方なのですが、
なぜにとつぜんそんなスゴイ方の話を始めたかというと、
不肖わたくし、そのヤブさんを、ナマで存じあげていたからです。

今思えば、なんたる稀有な幸運であったろうと思うのですが、
20代のぴーひゃららな若造であったころの私は、
ヤブさんに会うのがただただ楽しくて、東京は荻窪にあったご自宅に通いつめておりました。
それには、奥様である戸田杏子さんのタイ料理がべらぼーにおいしかったからというのもあります。

戸田さんは戸田さんで、これまた多彩な顔をもつ女性でしたが、今は触れません。
なんでそんなスバラシイご夫婦と知り合えたかという話も、長くなりますのではしょります。

ヤブさんは、雑然とした、にぎやかな場所で描くのがお好きで、
まわりでワカゾーどもが戸田さんのタイ料理を食らい、ビールを飲みしているわきで、
茶の間の食卓に画材を広げ、うれしそうに、楽しそうに、描いていらっしゃいました。
しょうもない駄洒落を連発しながら。

福音館の本の中に、『なにのこどもかな』というのがありますが、
その絵を描いていらっしゃるところに行き合わせたことがあります。

――これはね、「何の子どもかな」と発音するんじゃないんだよー、
   「ナニの子どもかな?」って読むんだよー。どっひゃっひゃ。

とスケベそうに笑いながら、イノシシのお母さんの額の毛を1本1本描いていました。
駄洒落の才は、絵の才能ほどではなかったようです。(大阪モンでいらっしゃいました)。


そのヤブさん、あまりにも早く、60歳であっさり亡くなってしまいました。
2000年6月のことでした。
以来、もう、あたらしい絵は生まれません。

でも、その原画を、どかっとまとめて見られる場所があります。
薮内正幸美術館です。

縁のあったサントリー白州蒸留所の、すぐわきにあります。
冬季休館で、3月中旬に開館。
今年も、春が来て、オープンいたしました。

館長をつとめているのは、息子さん。
ひょうひょうとした話しぶり、まじめにおちゃらけるその態度、
ヤブさんを彷彿とさせます。
館長日誌も、おもしろいですよ。

春のお出かけに、山梨方面を予定なさっている方は、ぜひ。
バードウォッチングが趣味の方は、
お手持ちの図鑑が、ひょっとしたらヤブさんの絵かもしれませんね。
ぜひ、その原画の魅力に触れてください。

林の中にたたずむ、こじんまりとした居心地のいい美術館です。
お土産になるグッズも、なかなか楽しいものがそろっています。


P1060450.JPG
ウリのこんな顔とか、こんな指先とか、描いてほしかったなあ。

春は  
花と鳥の白州へ! にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ 薮内正幸美術館へ!

代休

寒い寒いと言っているうちにも、光の春は来ていました。
夕暮れの時間が、ずいぶん永くなりました。
カラッカラに乾ききっていた関東の空も、ありがたいことに、うるみがち。
ドライアイの兆候を見せ始めていたわがマナコが、喜んでおります。

買い物の途中、ふと見上げれば、これは、桜?
梅かと思ったのですが、幹のようすは桜でした。
何という種類でしょう。
小さめの淡い紅色が、冷たい空気の中でほころび始めていました。

画面中央に、よっく見ると小さな黒い点がごらんいただけるかと。
レンズのゴミではありません。
チョウゲンボウでしょうか、尾の長いタカが悠然と舞っていました。

東北の地、雪ぶかい信越の地では、春はまだ遠いと感じられるかもしれませんが、
ゆっくりと、でも確実に、季節は進んでおります。
どうか、お心をつよく、日々をお過ごしくださいますよう。

* * *

本日代休。
きのうの記事をお読みいただけていない方は、ぜひお目を通してくださいませ。
お願いいたします。
この下こちらです。

では、みなさま、どうぞよい週末を。


☆・月曜には日本語文型辞典にもどります。・☆
  にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ 


☆・☆・(2月24日午後追記)・☆・☆

    『吾輩と猫である。』のcoocooさんが、またまた描いてくださいました。
    こちらの漫画をご覧くださいませ!
    
    「8週齢を間違えちゃいけないよ!」

    いったい何がどう問題なのか、
    手っ取り早くて、たのしくて、わかりやすいです♪ 

庭猫グリコの悩み

にわねこグリコの悩なや

P1040677.JPG

南向きのデッキの上、ベンチを置いた、その下に、グリコハウスはあります。
日当たり満点、断熱にやや難はあるものの、北風は当たらないし、まあまあの優良物件。

が、最近、少々こまった問題が。

大きな茶猫男子が、このあたりを巡回するようになり、
あろうことか、このグリコハウスマーキングをしてゆくのです。

くちゃい!

見つけるたびに水で洗い、熱湯をかけておくのですが、
彼もせっせと毎日巡回して来ては、しゅっとひと吹きしてゆきます。

くちゃい、くちゃい!

見るからに立派な体格で、栄養状態もよろしく、顔立ちもどことなくのんびりしていて、
とうてい、ノラとは思えません。
少なくとも、毎日きちんとご飯をもらっている顔(と、体つき)です。

しかし、これだけせっせとマーキングに励んでいるところを見ると、
彼はりっぱに現役なのでしょう。去勢手術は受けていないもよう。
あおん、がおん、と切なく歌っている声もよく聞きます。

グリコには、わがやで面倒を見ると決めてすぐ、避妊手術を受けてもらいました。
ですから、彼との間に男女のもつれ(激しい追いかけっことか)はなく、しごくおだやかな関係です。
ほのぼのと、お互いに好もしく思っているらしい気配。
茶飲み友だち、というところでしょうか。

でもなあ、困るんですよ。
グリコのごはんや飲み水にもスプレーが入るし、グリコのベッドにもかかります。

オス猫を飼っていらっしゃる、あるいは世話をしていらっしゃる方にお願いです。
外を歩かせるなとはもうしません。
でも外に出す以上は、去勢手術を受けさせてください。

いやいや、クサイぐらいのことはガマンもします。
問題は、彼が「父さん」になりうることです。
どこで不幸な子どもを増やしてしまうかわかりません。
食住の面倒を見る上は、そこのところもどうか、ご配慮くださいますよう。


わるいオトコじゃないんだけど、


くちゃいのよっ!!



日本語教育とはこれっぱかしも関係ないですが、
男子猫マナー向上委員会  にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ   ご賛同のひと押しをお願いします!

雪の庭で


これは先週せんしゅう、東京とうきょうに「大雪おおゆき」が降ったときの写真しゃしん

ゆきのつもった庭にわで、グリコはげんきです。

P1050136.JPG
ずん!

P1050139.JPG
ずんずん!!

P1050137.JPG
す〜りすり。

P1050138.JPG
ごっち〜ん♪



いつもにまして、突進系とっしんけい

時間外じかんがいごはんをお給仕きゅうじして、
ようやく「雪ゆきの庭にわグリコ」の撮影さつえい成功せいこう
P1050140.JPG
                             カ〜リポリ♪


さむさには、 にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ ひかしぼう!

正しくない日本語

ただしくない日本語にほんご

めずらしく、カメラ目線めせんウリ
P1040271.JPG

まきの上うえで、くつろいでいます。      ※くつろぐ(グループ1)
P1040246.JPG

と、思おもったのですが、……




P1040255.JPG

これは、……

……なんというか、



いっしょうけんめい、くつろいでいます。



おば 「ウリや、くつろいでる?」
P1040254.JPG
ウリ 「うん。」

おば 「なんだか、がんばってるように見えるんだけど。」
P1040256.JPG
ウリ 「ほっといて。」   ※ほっといて←ほうっておいて←ほうっておく←ほうる(グループ1)

P1040264.JPG
ウリ 「くつろいでるから。」

ウリなにが何なんでもくつろいでるから。」


P1040263.JPG                                                        ひしっ!


注意ちゅうい

「いっしょうけんめい」とか、「何なにが何なんでも」という表現ひょうげんには、
ふつう、つぎのようなことばが続つづきます。

  ◇いっしょうけんめい、かんがえる/はたらく/べんきょうする
  ◇なにが何なんでも、最後さいごまでやる/たたかう/がんばる

いっしょうけんめい
ぜんしんぜんれいで  にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ  くつろぐことをちかいます!

続きを読む >>

元日散歩

元日がんじつ散歩さんぽ

がついたらきょうは月曜日げつようび
定期ていき更新こうしんをお約束やくそくしている日でした。
お正月しょうがつ早々そうそう、約束やくそくをやぶるのは、きもちわるい。
でもお正月しょうがつの2日ふつかから文型ぶんけいのお勉強べんきょうというのも、なんだかなあ……。

というわけで、きのうのご近所きんじょ散歩さんぽのようすをば。
ささっと読みながしてくださいませ。
(見苦みぐるしいオヤジがあちこちに出没しゅつぼついたしますが、どうかお気になさらず。)

ふゆの雑木林ぞうきばやし
P1040567.JPG

一面いちめんの落ち葉
P1040571.JPG
この下したには、モグラやミミズがぬくぬくとしているにちがいない。

なにもないように見えるけれど、
P1040572.JPG
コウヤボウキの実がのこっていました。
はる、花はなの少すくない時期じきには、
この白しろい部分ぶぶんが目立めだちます。
えだが細ほそいので、
銀色ぎんいろの玉たまが宙ちゅうに浮いているように見えます。

あ。
P1040582.JPG
キジバトの羽根はねです。
タカにでもおそわれたのでしょう。
むごいけれど、これも命いのちのつながりのひとこま。
だれかのエサになることをやめてしまったニンゲンという生き物ものは、
生態系せいたいけいの中なかで、孤独こどくです。

はやしをぬけると、ちいさなお寺てら
元旦がんたんのお寺てらは、しずかなにぎわいがあります。
P1040590.JPG

神社じんじゃにもまわってみました。
P1040598.JPG
印半纏しるしばんてん
きっと夜通よどおし、参拝客さんぱいきゃくのお世話せわをしていらしたのでしょう。
きりっと深ふかい藍色あいいろが、かっこいい。

冬至とうじはすぎたけれど、まだまだ太陽たいようの位置いちは低ひくい。
P1040605.JPG
なんてすてきな、足長あしながカップル♪

ねこ、いないなあ、と思おもったら、ようやく、いました。
P1040611.JPG
ええと、ほら、あそこ。
えません?
今年ことしは、いいカメラ、買おうかな。

とちゅうで、地震じしんがありました。
いえにもどったら、こんなことに。
P1040614.JPG
みなさまの地方ちほうは、揺れませんでしたか?
今年ことしも気をひきしめていきなさいよ、と地球ちきゅうからの警告けいこくでしょうか。
たなの本ほんも何冊なんさつか落ちていました。

ウリ 「ひとりで、こわかったです。」
P1040615.JPG
うん、びっくりしたね。

それでも、おだやかに元日がんじつの日は暮れて、
あたたかなへやで、あたたかな食事しょくじ、おいしいお酒さけ
そして、かわいい猫ねこたち。

カミサマ、ありがとうございます。

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ  

もうひとつ、とてもうつくしいものを見つけました。
フユシャクっていう、ちいさなガです。
でも虫むしがきらいな方かたは、うつくしいとは思おもってくださらないかも。
ふゆの陽だまりでがんばっているフユシャクの、
地味じみだけどうつくしい衣装いしょうをご覧らんになりたい方かただけ、
お進すすみください。
つづきをよむ。(↓)
続きを読む >>

明けましておめでとうございます。

あけまして、
DSC00024.JPG
                                    (ニャンタ)
お、め、で、と、う、ご、ざ、い、ま、すっ!
P1040082.JPGP1040081.JPGP1040080.JPGP1040079.JPGP1040077.JPGP1040076.JPGP1040075.JPGP1040074.JPGP1040073.JPGP1040072.JPG
        (ウリ)


ことしも
P1030875.JPG
どうぞ
P1030867.JPG
よろしく
P1030866.JPG
おねがいします。
P1030865.JPG
                     (グリコ)


* * *

お行儀ぎょうぎのいいウリから、あらためて、ごあいさつ。
P1030938.JPG
みんなで、おばのぶんまで がんばります!
あそびに きてくださいにゃ。


★・2012年の、初押し・★
はつおし♪ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ  おしぞめ♪

どうぞよいお年を!

 
ゆく年とし、               ※ゆく=「行く」の古ふるい読み方かた
P1040396.JPG

る年とし


2011年にせんじゅういちねんが暮れようとしています。
9月くがつ9日ここのかにこのブログを始はじめてから、
3か月さんかげつと3週間さんしゅうかん
いろいろな方かたに助たすけられ、励はげましていただきながら、
たのしくつづけてくることができました。
そして、おどろくほどたくさんの方かたが読みに来てくださいました。
ほんとうに、ありがとうございました。

ことばを、日本語にほんごを、ひとさまに教おしえることを仕事しごとにしている私わたしですが、
3月さんがつ11日じゅういちにちからしばらくは、
ことばを、どう使つかったらいいのかわからない日々ひびでした。

ものすごくふつうに生活せいかつをしていながら、
まわりで起こっていることが現実げんじつとは思おもえず、
それどころか、自分じぶんが考かんがえること、
自身じしんで感かんじていることすら、「ほんとう」とは思おもえず、
自分じぶんの口くちから出ることばも、
みみに水みずが入はいったときのようにしか聞こえませんでした。
いまおもいかえしても、春はるから夏なつにかけての数か月すうかげつは、
どこか、記憶きおくの輪郭りんかくがはっきりしません。

それでも、いつか始はじめたいと思おもっていたこのブログを、思おもいきって始はじめ、
はじめたからにはとにかくつづけようと、ウンウンと記事きじを考かんがえるなかで、
すこしずつ、身の回まわりのものごとが、その輪郭りんかくを取りもどすのを感かんじました。

そして、ことばというものは、やはり人間にんげんにとってたいせつなものなのだと、
ふたたび自信じしんをもって言える気がしてきました。

いまの日本にほんにとって、不要不急ふようふきゅうの記事きじばかりではありますが、
日本語にほんごのおもしろさ、たのしさについて、
あたらしい年としも、発信はっしんをつづけたいと思おもいます。

きたる2012年にせんじゅうにねんが、陽だまりの猫ねこのように、
ちいさな、けれどたしかな、しあわせに満ちたものとなりますように。
P1040431.JPG



これは、わがやの「福ふくのかご」です。


中身なかみは、こちら。
P1040462.JPG
ふくがみっちり、3.1キログラムり♪
200グラム増量中ぞうりょうちゅう
※非売品ひばいひん


この青空あおぞらは、みんなのもの。
P1040449.JPG
みなさまのご健康けんこうとご多幸たこうを、心こころよりお祈いのりもうしあげます。

ありがとうございました
どうぞよいお年とし!!
し納おさめ、 にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ  おねがいします!

届きました♪

すてきなプレゼントが届とどきました♪

じゃんっ!

P1030514.JPG
ねこといっしょ!〜キウイとベツヲ〜』のキウイ母かあさんから、てぬぐいをいただきました。
すてきな抽選ちゅうせん風景ふうけいは、⇒こちら
てぬぐい大好だいすき人間にんげんの私わたしとしては、
一生分いっしょうぶんのクジ運うんを使つかった気分きぶん
うれしいうれしい。
しかも、抽選ちゅうせん委員長いいんちょうベツヲくんのすてき写真しゃしんつきです。
お手紙てがみもついてます。(字がきれいな人はいいなあ。)

封筒ふうとうの裏うらにも猫ねこさんがいましたよ。P1030511.JPG

ここまでしていただいたからには、お礼れいウリとのツーショットをば!

さ、ウリ、準備じゅんびしなさい。

P1030558.JPG
そうそう。まずは、身だしなみね。

はい、じゃ、こっち向いて。

P1030547.JPG
いや、こっち、こっち!

P1030548.JPG
だから、そうじゃなくて!!

P1030550.JPG
なに、その耳みみ。その目は。


……。(しばし、なでなで、むにむに、ころんころん。)



はい、じゃ、ウリさん、イイお顔かお、おねがいしまーす。

P1030568.JPG

おっ♪ いいね、いいね、いいですね。
でも、カメラのほうを向いてくれると、もっといいんだけどな。

P1030567.JPG

う゛っ。


* * *

つ、つかれた……。

キウイさん、ありがとうございました!!
あのー、感謝かんしゃのきもち、伝つたわりましたでしょうか?
ベッちゃん、ごめんね。せっかくのイケニャンなポートレートだったのに。)

★・レンズと目が合うとたましいをぬかれる!・★
と思おもってるらしいウリ  にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ  説得せっとくのひと押しを!