グリコの裏側



グリコが5月の庭を満喫しているころ、
玄関ドアの内側では――、

P1020217.JPG
グリコの気配に、緊張の灰色しましま。


なにか いますにょ。
P1020221.JPG
うん、いるね。
どうする?



えと、えと、......





どったーん!

P1020219.JPG
は?


んべんべ。
P1020220.JPG
なぜ、そうなる?



段ボール箱をつぶそうとしていたら、やってきたウリなのでした。
段ボールのこすれる音が大の苦手なくせに、
猫としては、いちおう、気になるらしい。

箱の中身は、猫ご飯。
「切ったらすごかったです。」とお医者さまに言われて以来、
(⇒☆そんなことを言われた過去
ずっとロイヤルカナンの満腹感サポートとか減量サポートだったのですが、
今回ためしにフィーメールケアっていうのを買ってみたら、食欲倍増。
いかん。


いかん、いかん。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
梅雨入りしたって、ほんとうですか?

グリコの下敷き

 
この茶色い物体――、

P1020538.JPG


これは何かといいますと、


グリコのアンモナイト。
P1020539.JPG

彼女の柄ゆきに木漏れ日をトッピングすると、
まったくもって正体不明なことになりますな。

で、このサビ柄アンモナイトが丸まっているこの場所は、
前にもご紹介したのですが、(⇒☆金のさかずき
本来、フクジュソウやヒメシャガが植わっているべきところ。



のびび〜〜ん♪
P1020588.JPG
ああ、フクジュソウの黄色い悲鳴が聞こえる......


かろうじて難を逃れたヒメシャガひとつ。
P1020580.JPG
どうにかこうにか、咲きました。
(※今日の写真は、5月初めに撮ったものです。)



ハッピーグリコの下は、
アンハッピーな不毛地帯。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
ま、トイレにされるよりはいいけれども。

初夏のランタン祭り



きょうは、お口直しに、さわやかなものを。


 P1030076.JPG


ウグイスカグラの実です。
この木は、春先、というか、まだ冬のうちから、
くすんだピンクの、しゃれた花を咲かせます。
(花の写真は、こちらに。⇒☆春!里山編#2

近くの里山で下草刈りのボランティアをしたとき、
どうせ刈られてしまうからと、小さな一株をもらってきて
庭に植えたのが、かれこれ3、4年前のこと。
それが、今年は、ほれほれ、ご覧のとおりの大豊作。

まだ腰丈ほどのおちびさんですが、
無理やり枝の下にもぐりこんで見あげると、
透き通った紅い実がすずなりで、時ならぬランタン祭り開催中。



食べられます。
P1030080.JPG
摘んできて、水に放つと、銀の膜が出来て、きれいきれい。



ヨーグルトに投入。
P1030091.JPG
うまうま♪



庭に食べられるものがあるって、
ほのぼの、しあわせ。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
が!
今年、サンショの実は、
採り時を逃した!
チリメン山椒が作れない!!



※今週も、毎日更新、溜まった記事を放出します。
 日本語文型の話は、うーん、せめて月に2回ぐらいのペースで行こう、
 ......い、行けるかな、と、思っております。
 ゆるゆるおつきあいいただければ、さいわいです。

ウリネコハゲタ


ウリ猫がハゲました。
ニッカボッカの内側に、
500円ハゲ。

P1030049.JPG

先代のニャンタも、ときおり忘れたころに、ハゲをこさえておりました。
そのたびに、そういえば数日前に怖い思いをさちゃったかも、とか、
家に工事のヒトが入って大きな音がしていたな、とか、
何かしら「思い当たるフシ」があったものですが、
ウリにはそれがありません。

ある日突然、こっぽり、ハゲる。

今回は2年ぶりくらいかな。
ワタシたちの知らないところで、あるいは気づかないことで、
小さな心をいためるようなできごとがあったのだろうか。

ともあれ、なめて傷にしてしまわないよう、即刻、カラーを装着します。

ニャンタは「あきらめない!」がモットーの猫だったので、
エリザベス・カラーはどんどん巨大化。
つばの長さが20センチもあるのをつけていましたが、
ウリは「運命は受け入れる。」という主義らしく、
こんなちっちゃなカラーでオッケーなのが救いです。

そりゃあもちろん、うっとうしいことでしょうが、
固まって動かなくなることもなく、はずすにゃ!と主張もしません。

P1030054.JPG
いい子ね。


3日もすればうっすらと毛が生えてきて、
もう気にしなくなるので、カラーを外しても大丈夫になります。

ワタシたちが何かイケナイことをしちゃったんなら、教えてほしい。
猫とことばが通じればなあ、と思う局面のひとつです。


今朝はもう解放されました♪
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ





しましまグリコ



金サビ猫のグリコが、

P1020717.JPG



柄に!

P1020948.JPG



はぁ〜、おひさまは いいわね〜♪

P1020950.JPG



話は、そんだけ。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
今週は毎日更新中!
(ナカミは極薄〜。)

5月のグリコ



5月のグリコ

ハッピーグリコ


P1020512.JPG

おじちゃんのお腹の上で本を読んだり、

朝ごはんのトーストのバターをちょっぴりもらったり。

P1020527.JPG


5月の庭は
庭猫の天国♪
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ


ナプキン・リング


5月の裏庭。
きれいに丸く広がったギボウシ。
P1020953.JPG

よく見ると、ちゃんと開いていない葉っぱが。
(時計でいうと、2時ぐらいのところ。)


近寄ってみると、
P1020955.JPG

あららー。
上に茂るトサミズキの、去年の葉っぱが!

はずしてみました。
P1020960.JPG

ぷすっ!とな。
よりによって、ここに芽を出してしまったギボすけ。


さ、思う存分、開いてくださいな。
P1020958.JPG
まったく、もうちょっと早く気づいてよね!
色が変わっちゃったじゃないの!



※ブログの更新がままならぬ事態にそなえ、
 記事を書き溜めておいたのですが、
 思いの外にたくさんの「貯金」ができていました。
 しかも、季節柄、賞味期限の短い内容が多い。
 
 というわけで、今日から毎日放出しようと思います。
 日本語文型はあいかわらず休みが続きますが、
 どうぞ、おつきあいくださいませ。

 いただいていたコメントに、ようやくお返事を書きました。
 うれしくたのしく拝見しておりました。
 ありがとうございました。

 

まず明日は、グリコから!
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

研修まとめ(ウリアゴ)



おばちゃんは はなしが ながいですにょ。
P1020321.JPG

や、ごめんなさいよ。
これでおしまいにします。
最後は、多少なりとも華やかな、きれいどころで〆めましょう。


 P1020403.JPG

オダマキ。
子どものころから、無性に好きな花です。
このくるりんとしたしっぽも好きですが、
ふっくらまるまるした紙風船のようなつぼみが、好きです。
ハスの葉のように、ころころと水玉をころがしてみせる葉っぱも、好き。

P1020406.JPG
シャガも、旺盛に咲いています。
よほどうちの庭が性に合うのか、放っておいたら庭中がこの花になりそうです。

最後は、カキドオシ。
去年の春も記事にしました。(⇒☆お庭の草を食べてみよう♪
りっぱにハーブとして使える草です。
P1020430.JPG
これを雑草とひとくくりにするのは、いかになんでももったいない話。
どうせむしるなら、食べちゃいましょう!


* * *


さて、冒頭で生意気なことを言ってたウリですが、
ちょっとアップにしてみますね。

P1020314.JPG

わかります?

あごが濡れてるんです♪

お風呂場で水を飲んでくると、いっつも下くちびるに水滴が♪

ああ、もう♪

P1020317.JPG

かわぇえ!



クローズアップフィルター万歳!
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
でもやっぱり
接写は
1号のほうが上手だったなぁ。

研修裏話(鼻花物語)


LUMI子の自宅研修のつづきです。
ええ、まだつづいてたんです。

ゴールデンな連休中の話です。

LUMIちゃん2号は、どうやら接写ができないらしい!
――と気づいたのは、彼女が家に来てから。
1号は、問題なく花や鼻のアップが撮れていましたが、

2号は、

これが、

限界。

P1020386.JPG
ウリのお鼻が遠い。

ちぇ〜。
つまんないよぅ。

でも、カメラを新調した上にレンズを買うお金なんて、ありません。
あったとしても、これ以上重くなるのは、カンベンしてほしい。

この春先、はじめての一眼である、このLUMIちゃん2号を買ったとき、
諸先輩方から、プロテクターはつけておくべしと、ご助言をいただきました。
(⇒☆この記事のコメント欄にて。)
そこで、フィルター(兼レンズプロテクター)をネットでさがしたところ、
なんとクローズアップフィルターなるものを発見。
千円もしません。
安い。
軽い。
これはこれは、と喜んで購入いたしました。

つけてみたら――、
P1020389.JPG
おおぅ♪
ウリの鼻先までの距離、およそ10センチ。

いいんでないの? ねえ?

というわけで、花を撮ってみようではないかと思った次第。
ウリ猫とちがって、花はそっぽ向いたり、冷たい目になったりしないし。)


しかし、先のコデマリもそうでしたが、なぜかピントが合わんのですね。
風もないのに、合わない。
外の世界はまぶしくて、モニターがよく見えないというのもありますが、
もしかしたら、ワタシの運動神経のせいかもしれません。
合った!→パシャ!という、そのわずかの時間に、ずれるらしいんだな。

P1020438.JPG
とくに、こういう細っこいのは、ダメです。
これ、カラスビシャクっていう草です。
「烏の柄杓」ですわね。(⇒☆まともな画像例は、こちらに。
マムシグサとかウラシマソウとかの仲間で、
とっても妖しい姿をしているのですが、とにかくちっちゃい。
あまりにちっちゃいので、妖しさよりは、かわいらしさが先に立つ。
これも、近所で除草剤をまかれそうになってた場所からさらってきました。

運動神経の鈍い人間が、こういう草にピントを合わせるには、
どうすればいいんでしょうか。
ドンクサーズ補正フィルターなんて、ないですかしらね?


何が写ってるか、ギリギリわかっていただけそうな写真が、これ。
P1020432.JPG
ひとさまにいただいた草ですが、ホウチャクソウという草の、実。
残ったしべが、かわいらしいでしょ?

花は、このひと(ナルコユリ)に似ていますが、ずっと小柄。
P1020426.JPG


花が地味でも、この季節の木や草は、じゅうぶん、うつくしいですね。
虫に食われたり日に焼かれたりする前の、生まれたての緑に、
木漏れ日がおどって、ほんとうに、きれい。

P1020423.JPG
秋ごろ、実家の庭から、明るい斑入りのアオキの剪定枝をもらってきて、
鉢の土にぷすっと差しておいたら、みごとに根づいてくれました。
じょうぶなもんですのぅ。


これはイヌワラビだと思うんですが、
シダ類が葉を展開する前の姿も、おもしろかわいい。
P1020434.JPG



春の庭は飽きない。
ピントが合わなくても、
たのしい。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
けど、
わずか30分で日焼け!
 

自宅研修(生物部合同)


桜の開花はやけに早かったけれど、その後はけっこう寒い、この春。
フウチソウ(⇒☆グリコが虎刈りにしたフウチソウ) の新しい葉も、
やっと伸びはじめたばかりで、足踏み中。
P1020455.JPG

――と、
わきのギボウシの陰で、かさりと動くものがある。


やあ、おひさしぶり!


P1020462.JPG

日向ぼっこが大好きな、かなへびさんでした。
寒い冬を無事に越して、うれしいうれしい、かなへび氏。
ヨッと持ちゃげた左の手足の、かあいらしいこと♪
※わが家の庭には、カナヘビとニホントカゲの両方がいます。
 トカゲは金属光沢があって、ウリ猫のようなシマシマが目立ちます。
 さらに、若いトカゲは、しっぽがぴっかぴかのメタリックブルーです。
 対するカナヘビは全体に地味ですが、スタイルはしゅっとしてかっこいい!

 

庭猫グリコは、こうした小動物にはなぜかまるで興味を示さないので、
彼らの長いしっぽは、おかげで、無事です。
(これがニャンタウリだったら、惨劇必至!)


足もとを見ると、テントウムシの幼虫も歩いています。
コデマリにはアブラムシがびっしりつきますのでね、
農薬などの物騒なものを一切使わないわが家では、
彼らテントウムシ軍団の食欲が頼りです。
がんばって喰ってくれ!
P1020442.JPG


ええと、花らしい花も、あるんですよ。

P1020396.JPG
ミヤコワスレ。
幼稚園児が描く「おはな」の形。

P1020397.JPG
これも、ミヤコワスレ。

どちらかというと私は紫のミヤコワスレの方が好きなんですが、
わが家の庭では、どういうわけか、年々ピンク率上昇中。

P1020400.JPG
花びらがだれかにかじられてます。
だれだろう。



おへやの壁紙がきれいなピンクで、
しかもそれが食べられるとは!
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
なぁんてセレブでゴーヂャスな生活♪
花食い虫になってみたいです。

LUMI子の自宅研修


なんですかこのごろ、「ひとやすみ」記事ばかりが増えてゆく。
いろいろしごとが手につかない状況がつづいておりまして......
そのくせ、そういうときほど逃避行動はいよよ盛んでありまして......

外はいい天気、ちっとも手入れしない庭も、それなりに花盛り。
ウリに嫌われつづけるLUMIちゃん2号(⇒☆)を持ち出して、
連休の一日、いろいろ撮ってみました。


ちいさな庭で今いちばんの存在感を示しているのは、
モリモリの、コデマリ。

P1020449.JPG

むぅ......
どこにピントを合わせようとしているのか判然としませんが、
まあ、よいではありませんか、花は、きれいです。
ヤマボウシの下のコデマリに、木漏れ日がうつくしい。


さらにその下陰に目をやると、

P1020441.JPG
これは、ジシバリ。
「地縛り」の名のごとく、低く地を這って広がるのですが、
そんなこわもての名はちょっと気の毒。
細い茎の先に揺れる華奢な黄色は、とてもやさしいし、
葉も薄くはかなげで、全体としての株の姿が愛らしい(↓)。
近所の空き地にあったのを、数年前にスカウトしてきました。

P1020444.JPG
花が終わると、たんぽぽのように、ミニサイズの綿毛を飛ばします。



同じく黄色い花では、カタバミ。
P1020470.JPG
これもやたらに増えるので嫌われる草ですが、
鮮やかな黄色に、完璧なまでのハート型の葉は、捨てがたい魅力を持っています。
漢字では「酢漿草」と書くのだそうで、葉っぱをかじると、なるほど酸っぱい。
ヤマトシジミという、小さなうつくしい蝶の食草でもあります。



そんなこんなを言い訳に草取りをしないから、
わが家の庭はたちまちジャングルになるのであるよ。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
「日本語教育」のジャンル(↑)で応援をお願いしておきながら
まことにもうしわけありませんが、
今しばらく、看板に偽りありな記事がつづきます。
(「しばらく」って、便利なことばだなあ。)

ウリ吠える


 
があぁあっ!

P1020225.JPG



かめらも おやすみするにゃ!

P1020215.JPG
またそんなコワい顔をする......



つきまとわれるのは〜
かわゆい猫の宿命なのよ〜。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ


ひっそりプレゼント
本日締め切りです。


ぐだぐだはつづく。

 
ぐだぐだ、ぐねりん。
だって、ほんとに、風がいい匂い。

P1020269.JPG



たまにハッと我に返って、


しっぽの手入れなぞ、してみる。


P1020277.JPG



至近距離でさえずりだしたシジュウカラに


いちゃもんをつけてみる。


うるさいにょ。

P1020288.JPG



ウリ毛は、
シジュウカラんちの内装に
大人気♪
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

ぐだぐだするのは性に合わん!
という方は、
海辺の町へ、GO!
命つないだワンニャン写真展

風薫る



P1020279.JPG


5月になりました。
連休前半、ウリグリコ地方は、
極上のお天気でした。

連休の谷間におしごとだった方、
連休中こそが繁忙期の方、
いろいろおありでしょうが、
とうぶん休日モードの当ブログ、
ご気分だけでも、
さ、
ウリめとごいっしょに、
さ、ささ、




ごろん。

P1020280.JPG



ぐだぐだ〜。

P1020274.JPG



初夏のニッカボッカ♪
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
ウリもたぶん、
日本国憲法が好き。

思い出したグリコ



あ......!
P1010905.JPG

アナタ、
P1010907.JPG

もしかして、
P1010908.JPG

あの、
P1010909.JPG

いつもの、

P1010910.JPG

おばちゃん?
P1010912.JPG




そういうことなら、


ひとつ、


なでとく?

P1010916.JPG


しばらく家を空けていたおばを、「知らない人」扱いしおったグリコ
帰宅翌日の夕刻になって、ようやく思い出してくれました。

ま、そのくらいの用心深さが、庭暮らしの猫には必要ってことよね。

P1010917.JPG
面目ない。


夕まぐれの逆光で、
おばの腕前で、
しかも突進系猫が相手では、
LUMIちゃん2号をもってしても
こんな写真ばっかり。
ごめんなさいまし。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
ブログサブタイトルの「日本語文型辞典」は、
しばらく見ないふりしててください。
ごめんなさいましまし!