夢の猫抽選へ!







ご応募受付、終了いたしました。



びっくりにゃ。

うん、びっくりしたね。


みなさま、望外にたくさんのご応募を、ありがとうございました!
いっしょにお寄せくださったご感想の数々、何よりの励ましになりました。
なんと用意した5品すべてに、複数の方からのご応募をいただきました。
わーい♪
めでたく猫抽選が実現いたします!

あ、いや、実現する前提が、実現いたしました!

ええと、ただいま新学期の授業の準備やら何やらが佳境でして、
抽選会の実現は、「近いうち」の「忘れたころ」になるかもしれません。
抽選会スタッフのウリすけのご機嫌も取らないといけませんし。
抽選会の撮影には、シャッターを押したらすぐに写るカメラが必要な気がするし。
どうかお気を長くお待ちくださいますよう、お願いいたします。

ご応募の際にいただいたコメントへのお返事は、
今日のこの記事の「つづきを読む」(↓)でさしあげております。
どうぞ、読んでいらしてくださいませ。


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
続きを読む >>

まだまだ受付中

 





↑ 9月22日午後2時22分まで受付中! ↑
↑ 倍率低いですよ、ねらい目ですよ。 ↑

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

もう? もう!


えっ?!

P1080286.JPG

もう?!


そうなんですよ。
もうなんですよ。


P1070886.JPG

月日のたつのは早いものねえ。


まったくです。
なんと、このブログを始めてから、今日で丸一年になります。
はやい〜!

まだまだ試行錯誤のつもりで、日々ヨタヨタと進んでまいりました。
サブタイトルに「日本語文型辞典」と銘打ちながら、
その記述フォーマットもいまだ定まらず、
文型以外の道草記事が、我ながら多すぎるような気もいたされ、
ヘッタクソな写真は、いっかな上達の気配を見せず、......
いつまで試行のつもりなのか、そろそろシッカリせんといかん!

それでも今日まで、とてもたのしくやってまいりました。
お見捨てなく読みにきてくださる読者の皆さまのおかげです。
ほめたり励ましたり教えたり、お寄せくださるコメントのおかげです。





スタッフ2名、ウリグリコも、おかげさまで元気です。
彼女たちが元気でいてくれる限り、記事は書けます。
ニャンタも、ときどき応援に来てくれます。
写真が上達する気遣いは今後もないと思いますが、
これからも変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

いつも最後につけている、この(↓)ボタンを押してくださいますと、
「日本語教育」部門のブログ人気ランキングに点数が入ります。
点数が入るとランクが上がり、
ランクが上がると、どれ読んでみようか、と思う方が増えます。
読んでくださる方が増えると、書き手に気合が入ります。
どうか、こちらのボタン一押しも、よろしくお願いいたします。

 にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ 


ささやかながら、お礼のプレゼントを用意してみました。
つづきをお読みくださいませ。(↓)
続きを読む >>

坂本美雨さん

 
またまたお知らせするのを忘れておりました。

「この人が好き♪―保護猫・保護犬と暮らしてるから!

別館ブログ、金曜に更新しました。
とってもステキな方ですよ。
お読みくださいませ。





それから、
しつこ〜い!ですが、
脱原発の声をあげるなら、
こちら(↓)のパブリックコメント、
今日の夕方6時が締め切りでっす!

話そう”エネルギーと環境のみらい”



 にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

NKJ出ました。


『日本語教育ジャーナル』 2012秋号、出ました!

P1090007.JPG
どーしてもウリにピントが合ってしまう、ワタシのカメラ......。


日本語教育能力検定試験
突破のための、「おもしろゼミナール」、
今号も、区分5(言語一般)の問題と解説を担当執筆いたしました。
10月28日の試験まで、あと二か月と半分。
日本語教師を目ざす方のお役に立てますように!

最新号の内容については、⇒こちら
日本語教育で頑張る当ブログを応援してください! にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ




異例の早朝更新です。
ウリが家の中に迷い込んできたヤモリをハンティング。
午前4時に起こされて、大捕り物でした。
無事、ヤモタンは救出できましたが、......眠い。

ヤモよ、入ってきたらいかん!

原発よ、動いちゃだめ!

脱原発依存を政府に直接うったえる手段、
パブリックコメントの締め切りは、あしたの夕方6時です!
話そう”エネルギーと環境のみらい”

手から手へ


きのうの土曜日、絵本作家の降矢ななさんの講演会に行ってきました。
(降矢さんについての過去の記事は、⇒こちら。)

降矢さんが「身の程知らずにも」(とは、ご本人の弁)始められた、

「手から手へ・ 11、3、2011 震災後のメッセージ」展は、

今年3月のイタリア・ボローニャを皮切りに、
ただいま順調にヨーロッパを巡回中、
そして来年、2013年の3月には、日本にやってくるとのこと!

まずは、長野県の安曇野ちひろ美術館
ついで、東京練馬のちひろ美術館・東京

まだそれぞれの館のHPに告知はありませんが、確定だそうです。
期間中は、多発的に都内各所でいろいろなイベントも行う予定だとか。
絵本が好きな人、イラストや絵が好きな人には、たまらない催しになりそうです。
参加アーティストの中にはアーサー・ビナードさんもいらっしゃいますから、
詩などの参加もあるかもしれません。

開催が確定しているのは、今のところ上の2館だけですが、
そのほかにもできるだけたくさんの場所で開催したいし、
求められれば被災地にも巡回したいとおっしゃっていました。
ただ、脱原発、反原発を主題にした作品も多いことから、
被災地、とくに福島での開催については、地元の方々のお気持ちを最優先にしたい、
だから「求められれば」というスタンスでいらっしゃるのだそうです。
(だから、来てほしい!という方は、ぜひ名乗りをあげてください。)


私が降矢さんに最後にお会いしてから、きのうまでには、
ゆうに20年以上の年月が過ぎていると思うのですが、
愛らしくて、ほんわかした雰囲気は、お若いころとちっとも変わらず、
それでいて、絵本作家としてひとすじの道をずうっと歩んでこられた
しずかな自信があふれていて、もう、もう、じつにステキな女性でした。

来年の3月がたのしみです!



以下、余談。

講演会場は板橋区立美術館
大きな自然公園の中にあって、とてもすてきな美術館でした。
(トイレがかわいい♪)

現在こちらでは、『手から手へ』展も公式イベントとして参加した、
ボローニャ国際子どもの本見本市の、
2012イタリア・ボローニャ国際絵本原画展を開催中。

時間がなかったのでパタパタと駆け足で見て回っただけですが、
いやいやいや、おもしろい作品がい〜っぱいでした。
ショップには、猫Tシャツもありましたぞ。

私は、展示されていた絵本の中に
Nadia Shireen の Good Little Wolf を見つけ、大急ぎでぱらぱら読み。
うはー、すごい絵本があるもんだ!
ただいま身辺に小さい子どもがいないのが残念ですが、
いたら絶対読ませちゃうなあ。
そして反応を観察したいゾ!と思いました。


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

忘れてた!


お知らせするのを忘れておりました。


別館この人が好き♪―保護猫・保護犬と暮らしてるから!

更新しました。


お三人目は、乙武洋匡おとたけ・ひろたださんです。


記事をアップしたのは先週の土曜日。
どうしてどなたも読みに来てくださらないのかしらん?
と思ったら、こちらでお知らせするのを忘れておりました。
どうぞ、別館のほうへ、お立ち寄りくださいませ。


★・★


すみません。
きょうは本館の記事を書くあたわず。
今週は妙に身辺バタバタです。

お詫びといっちゃあ何ですけれども、
ウリの女優風ポートレートをお届けいたします。

太陽が北のほうに回ってきて、
天窓から、日の光が注ぐようになりました。
天然のスポットライトを浴びた、
ドラマチックでゴージャスでオトナなウリ♪



心の準備はよろしゅうございますか?
めまいがしちゃうかもしれませんですよ。


では。



どうぞっ!







わーわーわー!
ひとり盛り上がる飼い主。




おひねりの代わりに、
クリックひとつ、お願いいたします〜。
 にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ 
ガッカリなさった方があるかもしれないなんて、
これっっっぽっちも思わない飼い主。


ウリ宣伝本部長


おばちゃんが また ウリのかごに なにか いれようとしてる。
P1070710.JPG



......!!



P1070713.JPG
きゅうくつにゃ。



アルクから新しい雑誌が出ました!

『日本語教育ジャーナル』
このたび、創刊号(2012年夏号)発刊!!


そして、新しい連載がスタートしました。

日本語教育能力検定試験おもしろゼミナール」



日本語教師になりたい、
できるだけ手っ取り早く(簡単ではないけれど)、
いちばんお値打ちに(受験料1万なんぼ)、
――という方が合格をめざす、その検定試験の対策講座です。

検定の試験範囲には5つの区分がありますが、
わたしの担当は、「区分5 言語一般」(98‐99ページ)です。

ただいま書店に並んでいます。
お手にとってご覧くださいませ。
1,365円です。



さ、ウリからも、応援たのむ。


しょうがないにゃ。

みにゃさ〜ん
P1070695.JPG
おかいどくだそうですよ〜!


P1070702.JPG
これでいい?


オッケーよ!
ありがとう!

ごほうびは? にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ ナデナデナデ!


中身についての、くわしいご紹介につづく。(↓)
続きを読む >>

合格するための本

日本語教師を目ざす方へ

今年も出ました!
P1070279.JPG
あ、ウリや、ちょっとこっち向いて。

P1070292.JPG
いやいやいやいや、お口はとじて!

P1070293.JPG
そうそう。
で、もうちょっと頭、下げてくれる?

P1070285.JPG ぷ〜。


えー、あらためまして、出ました。
『平成24年度 日本語教育能力検定試験 合格するための本(アルク)


年に一回、日本語教育能力検定試験を受けようという人々のために出されるムックです。
わたくしも問題演習と解説の執筆陣にくわえていただきました。
担当したのは、「区分5 言語一般」、日本語の文法を中心とする分野です。

担当編集者さんの広〜い心により、ギリギリまで猫分増量!
検定合格を目ざすのはもとよりの目的ですが、なるったけ楽しい出題を心がけました。
(例文が生きてない文法書って、いやなんです、ワタシ。)

日本語教育、あるいは日本語教師という職業に関心がおありでしたら、
ぜひ、お求めになってみてください。
定価2,500円(+税)。あら、高いわ。
聴解問題のCD付きですし、この手の本の中では、抜群の鮮度と充実度かと思います。
受験はしないという方でも、読めばけっこう新鮮な発見があることは請け合います。
お近くの図書館に購入リクエストなぞ出していただければ、幸甚至極。

今年の試験は、10月28日(日)、
試験会場は、札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡の予定。
出願受付は6月25日(月)から8月13日(月)までだそうです。
詳細はこちらをごらんください。


ところでこの本、各分野の冒頭には、執筆者の紹介欄があり、似顔絵が出ています。
これはチャンスとばかりおねだりして、私はウリとのツーショットを描いていただきました。
うふふのふ♪

ウリも でてるの?
そうだよ〜。
ギャラは?
どこでそんな単語覚えた?
 こんやは  にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ おさしみ〜♪


※この検定試験についての当ブログの過去の記事は、
  ⇒「日本語教師になる方法」
※次回、水曜日は、日本語の勉強にもどります。

別館更新のお知らせ


ウリがまた新聞に載って乗っています。
別館用のネタを見つけてくれました。


というわけで、お出かけくださいませ(↓)。

別館「この人が好き♪―保護猫・保護犬と暮らしてるから!更新!

ウリも出張しております。

☆・形容詞についての解説は、あした、水曜日に!・☆
忙しいウリ  にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ 応援の一押しを!

『この人が好き♪』出発!


別館「この人が好き♪―保護猫・保護犬と暮らしてるから!営業開始!

きのう予告しましたとおり、お一人目は、浜島直子さんです。
めったにテレビを見ないわたくし、浜島さんてドナタ?だったのですが、
ふと目にとまったタブロイド版折込紙で、光をまとったような笑顔にひかれ、
記事を読むうちに、今回の新ブログのアイデアが、たちまちポワンと浮かんできました。

それまでだって、きらびやかなタレントさんや華やかな各界著名人の中で、
(こう言っちゃナンですが)意外な方が、保護された動物と暮らしている記事を
目にすることはありましたけれど、ついぞ、こんなことは思いつきませんでした。
浜島さんの笑顔が、春風とともに、私の背中をとんと押してくださったのだと思います。

みなさまも、どうぞ、彼女の笑顔に会いにいらしてください。
「この人が好き♪―保護猫・保護犬と暮らしてるから!


えっと、せっかくの更新ですので、
春のおまけ画像をご用意しました。
わが家のウラの空き地で見つけた、ちっちゃな春です。
P1060217.JPG
ホトケノザのブーケ、オオイヌノフグリ添え。


 にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ


ついでですから、雑草のお話をすこし。
「つづきを読む」からどうぞ。
続きを読む >>

新ブログのご案内


ようやくわが家の水仙が咲きました。
今年は遅かった。
うしろでは、グリコが、芽吹きはじめたコデマリの枝先に、す〜りすり。
P1060113.JPG
コデマリさん、こんにちわ〜♪   (グリコののどは、二色の甘食♪)


さて、あらためまして――。


あら、みなさん、こんにちは。
P1060129.JPG
おばが、なにやら始めたようだわよ。



はい、このたび、あたらしいブログを開設いたしました。
タイトルは『この人が好き♪』といいます。
副題がありまして、『―保護猫・保護犬と暮らしてるから!』

ナカミは、勘のいいかたなら、だいたいおわかりでございましょう。

動物愛護管理法改正の、が千鳥足で蛇行運転しているような歩みに業を煮やしました。
しかし、グツグツ業を煮やしてもあんまりおいしいものはできません。
うーん、何かできることないかなー、どうせならちょっとでも楽しいことがいいなー、と
シワのとれかけた脳みそを絞って出した答えが、これでございます。

更新は不定期。
あっ、この人好っき〜!
という人を見っけたときが更新日となります。

新ブログ『この人が好き♪』、ごひいきのほど、
どうぞよろしくお願いいたします!

おうえんしてくださいにゃ!
こっちも! にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ あっちも!

おまけ。
P1060150.JPG
どこにピント合わせてんのよ!

3月11日。


 P1050887.JPG

仙台国際日本語学校(公式ブログはこちら)で編まれた文集です。
一年前の今日、仙台にいて、あの大地震を経験した留学生の作文集です。

思うようにことばの通じない異国にあって、どんなにか怖かったことでしょう。
――地震のない国から来て、日本人ですら経験したことのない揺れに遭った。
   暖かい国から来て、電気もガスも止まった街で、大雪の中に放り出された。
   海辺の工場でアルバイトをしていて、津波から走って逃げた。
   ふるさとの家族との連絡も、ながく取れなかった。

怖かったでしょう。
心細かったでしょう。
日本語という、彼らの母語ではない言語でつづられているからこそ、
惻惻と胸に迫るものがあります。

それにもまして、学生さんたちの、日本と日本人に対する熱い思い、
観察眼の鋭さ、心の柔らかさ、意志の強さに感動しました。
それを表現する日本語の力にも感動しました。

また同時に、同じく被災された仙台の街の人々のやさしさ、
外国人に対する思いやりに、大いにすくわれるものを感じました。
関東大震災で起こったおそろしい、むごたらしい事件の数々を思えば、
日本人はちゃんと成長してきたのだと、ほのかにうれしくなります。

さらに、この学校がきちんと避難訓練を実施してこられたこと、
だからパニックが起きなかったこと、
あの混乱の中で、短時日のうちに全校生徒の安否を確認なさったこと、
事態が多少とも落ち着くやいなや、学校として、ボランティア活動に参加されたこと、
それらのことに、深い尊敬の念をおぼえました。

もう一つ。
学習者の書いた日本語をどこまで「直す」かは、難しい問題です。
文集を編まれた先生方の、誠実な編集ぶりにも頭が下がりました。

先生方の手作業で印刷・製本・発送をなさっているようです。
積極的に宣伝することはご負担を増すことになるかもしれませんが、
お読みになりたい方は、こちらのページを参照なさってください。
送料込み、1部500円で頒布していらっしゃいます。
ウェブでも、部分的に公開されています。

* * *

あの日から一年がたとうとしている。
あの時刻が近づいてきている。
胸がくるしくなるような今のこの時間に、
何を書いていいかわからなくて、
この文集をご紹介します。

  にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ  

猫の日に。

みなさん、
P1050689.JPG

きのうは、猫の日でした。

ほら。
P1050676.JPG
一昨夜、日付けが変わるころにお風呂から上がり、
ふと洗面所の温湿度計付き時計を見ましたらば、
にゃにゃっ! こんなことに!

2月22日。22.2度。
がつじゅうにちじゅうてんど。
(薪ストーブの調子がよすぎて、やや高めの室温。)

わー、猫の日だ、にゃにゃの日だ。
温度まで猫してる♪


そして、明けてその日の午後、ポストにこんな新聞が届きました。
P1050691.JPG

先日(⇒こちら)ご紹介した『しんぶん赤旗』社会部の小林記者が、
予告の通り、第二弾の「8週齢規制」応援記事の掲載紙を送ってくださいました。
『しんぶん赤旗』2012年2月17日付け、「おはようニュース問答」です。
小林さん、ありがとうございます!!


で、さて。
つきましては、みなさまに、あらためてお願いがございます。
動物愛護管理法が、今度こそ「愛護」の名に恥じない法律へと改正されると思ったのに、
ここへ来てなにやらフラフラと迷走を始めました。

おさない犬猫を「多めに」、「作って」、売る。
余ったら、「捨てる(=殺す)」。
おさない犬猫を、かわいいうちに、並べて売る。
トウが立ったら売れなくなるし、ワクチン代も店持ちになっちゃうからね。
しつけも身体もできちゃいないけど、とにかくかわいいうちに、売る。
あとで問題が起きたら、まあ、そんときは捨てるなり何なりしてください。


こんな売り方をつづけてきた業界の言うがままに、
今また、妙な数字のゴマカシと妥協が成立しようとしているのです。
食い止めてください。
生まれてからせめて8週間は親兄弟と過ごさせるべし。
――これが、最低限、ゆずれないポイントです。

法改正にかかわる、焦点となる議員さんは、7名だそうです。
その7名の方に、メールを送ってください。

「こんなメール送ってくるヤツがこんなにいるのかよー」と思ってもらえればいいのです。
「えー、またかよー」と、ウンザリしてくれれば御の字です。
「業界のほうばっかり向いていると次の選挙ヤバイかも」と思ってもらえれば、大成功!

たったの7通です。
5分もかかりません。


お願いします。
文例も、送り先も、さっと一覧できるようにまとめられています。


『8週齢規制』妥協反対アクション
どんどこ拡散なさってください。



かわいい犬ら猫らのために、  にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ あと少し、エ〜ンヤコ〜ラ!

号外!

外!


ウリが、例によって乗っかっています。
でも、今日乗っかっているのは、わがやのいつもの新聞じゃござんせん。
P1050433.JPG


ずいっと寄ってみましょう。
P1050425.JPG

しんぶんあかはた
2012年2月8日

ん?
かわいらしい子猫の写真が。


ずいずいっと寄ってみる。
P1050427.JPG

動物愛護管理法改正の課題


なな、なんとっ!
14ページを開いてみる。
P1050444.JPG

おおぅ♪
こんな大きな記事に!

P1050435.JPG


記事にしてくださったのは、赤旗編集局社会部の小林信治さん。
小林さん、ありがとうございました!!
何よりの応援です。
とっても、と〜っても、うれしいです!!!


  にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ  

続きを読む >>